« 平野貞夫氏の「永田町漂流記」から | トップページ | 菅政権の不作為(作戦)勝ち »

東電清水社長、お詫び行脚

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110504-00000735-fnn-soci

 東電を幾ら責めても、既に起った事故は取り返しが付きません。それよりも大事な事は、日本の原発推進政策を直ちに改め、日本から原子力発電所を無くす事です。

 後世に残す仕事はそれしかありません。いまだに国民の約半数は原発は危険だが、電力が無ければ困る、というプロパガンダに迷わされています。その呪縛を取り除く事です。

|

« 平野貞夫氏の「永田町漂流記」から | トップページ | 菅政権の不作為(作戦)勝ち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39859911

この記事へのトラックバック一覧です: 東電清水社長、お詫び行脚:

« 平野貞夫氏の「永田町漂流記」から | トップページ | 菅政権の不作為(作戦)勝ち »