« 夏の節電、見逃せぬ東電の不誠実 | トップページ | 極めて重要な情報をもたらした今回の田中宇氏の海外ニュース解説 »

福島第一原発3号機温度上昇止まらず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110514-00000440-yom-sci

 これは1号機に続いてメルトダウンの可能性があります。1号機は原子炉の底に2ヶ所穴が空いていて、その結果がどうなるのか不明である上に、3号機までメルトダウンの可能性が出てくると、いよいよ福島第一原発は想像以上に危機的にならざるを得ません。

 我々は覚悟を決めて置いた方が良さそうです。即ち、首都圏の放棄です。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-d272.html

|

« 夏の節電、見逃せぬ東電の不誠実 | トップページ | 極めて重要な情報をもたらした今回の田中宇氏の海外ニュース解説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

福島原発炉のメルトダウンが始まった。何とかくいとめる方法はないもの
でしょうか?

管首相が次のG8で「原発は安全性を高め継続する」と意思表明を
するらしいが、「安全を高める方法」は果して存在するのか、方法
も見いだせないまま、何を根拠にこのような重大な事を世界に表明
出来るのか疑問が残る。

核の恐さは原発事故だけではない。毎日出る大量の核廃棄物の最終
処分が見いだせないまま、このまま突き進むとどうなるのか…
おそらく、まだ「♪そのうち何とかなるだろう」…が正直,今の現状だろう。

テレビの報道でも、核廃棄物の最終処分という事は存在しえない、不可
能な事だと語るようになった。地中深く埋めても、宇宙に廃棄しても安全?
になるまで何十万年もかかる厄介なものなのらしい。
地球や宇宙を核で汚し、ずっと先の子孫までにも、この様な解決不可能
な難問を残すほど罪はないと思う。

管総理も周囲(原発利権者)から原発推進に対して色々な入れ知恵
もあるだろうが、核物質そのものは人類の科学では制御できない厄
介なものであることを認識して、今後の指針を決めてほしい。

また原発が無くなっても充分に電力が賄えると言う研究者も多くいる
ようだが、原発利権が大きく障害になっている事実も否めない。

今、テレビ報道でも始末に負えない核物質の怖ろしさを語り、暗に原発廃止
を語り始めている。今までに世界で一番大きな原発事故を抱える国が
率先して原発廃止を世界に呼び掛ける勇気と英断を持って欲しいものだ。

子孫にはもっ良い遺産を残したいものである。

投稿: 日本 憂太郎 | 2011年5月15日 (日) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39985283

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発3号機温度上昇止まらず:

« 夏の節電、見逃せぬ東電の不誠実 | トップページ | 極めて重要な情報をもたらした今回の田中宇氏の海外ニュース解説 »