« 次々と明るみに出る新事実 | トップページ | 原子力発電は最もコストが高いという現実 »

米国債政治のデフォルトが近付いている!

米国債政治デフォルトの危機
 【2011年5月17日】 米政府の財政赤字が、法定上限の14兆2940億ドルに達した。米政府は、これ以上の国債発行ができなくなった。米政府は今後、為替安定のための基金などにあてる資金を、国債利払いや償還など必要不可欠な支出に回す。その緊急策によって、米国債は8月2日までデフォルトを免れる。しかし、それまでに赤字上限の引き上げが行われないと、史上初の米国債デフォルトが現実になる。実際のデフォルトにならなくても、米政府は綱渡りの状態になり、投資家が米国債への投資を控えると予測され、危機の可能性が増している。

 ………

 上記は国際ニュース解説で有名な田中宇氏のレポートの最新版の一部です。この記事は有料のためすべてを掲載する事ができません。興味のある方は是非購読してください。

 さて、米国経済はいよいよ危機がのっぴきならない段階に来たようです。日本政府は震災復興のために、日本政府が保有する米国債の一部を売却すべきだという議論が国内に一部あるようですが、この状況ではとても不可能です。それなら、増税しかないのか、と言うとそうでもなさそうです。

 まだ詳細は不明ですが、何か途轍もない事が起きそうです。中身はまったく解りません。

|

« 次々と明るみに出る新事実 | トップページ | 原子力発電は最もコストが高いという現実 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

明日のNY市場何か起こるかもしれません
 
円に対しドル上昇 米国10年債利回り減少 金相場下落 EUの株式市場下落傾向

 
ch225 世界の株価リアルタイムチャート

http://ch225.com/

投稿: kitayama | 2011年5月17日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40023125

この記事へのトラックバック一覧です: 米国債政治のデフォルトが近付いている!:

« 次々と明るみに出る新事実 | トップページ | 原子力発電は最もコストが高いという現実 »