« 菅政権の不作為(作戦)勝ち | トップページ | TPPや原発など新成長戦略の政策見直し »

福井県知事、関西電力美浜原発の再開認めず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110504-00000468-yom-pol

 こういう動きが全国的におこることを望みます。この動きの後ろに存在するの住民の意識であり、国民感情なのです。日本は変わらなければなりません。菅総理がいくら頑張っても、国民感情が原発を認めなければ、原発利権は、彼らのものにはなりようがないのです。一人ひとりの意識の問題です。

 そうして初めてわが国を始め、世界から原子力という魔物が姿を消し、我々は平和裏に黄金時代を迎える事が出来るのです。

|

« 菅政権の不作為(作戦)勝ち | トップページ | TPPや原発など新成長戦略の政策見直し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

美浜原発の最新ニュース

http://ggtms.com/p/gpmihama.html

活用いただければ幸いです。

投稿: ガイガータイムズ | 2011年7月23日 (土) 10時17分

原発事故がこれほどまで厄介なもので、一つ間違えれば日本国が消滅(大げさ
ではない、仮に福井や浜岡が事故れば、この日本は人の住めない国になる)す
る程のリスクが大きい。この期に及んでも政府は原発廃止の言葉が出せない。
原子力利権者の権力に屈してものが言えないのであれば、小沢一郎氏にバトンタッチすべきである。利権権力者(利権は原子力だけではないが)に対抗でき
るのは管政権では到底無理だ。…と言っても自民党は昔から原子力産業眷族なので余計危ない。
原発に使った廃棄燃料の始末や対応年数が過ぎた原発の処理等、一番大な
事後処理の方法も編み出せないまま、兎に角原発建設ありき、処理問題は後で考えれば良い…と言う普通常識では考えられない方法で進んで来た原発建設である。
幸い福井県知事が原発再開発反対に動き始めた。これば県民の意思である。
「原発はどんな地震が来ても絶対に事故らない。安全でクリーンな発電だ…」放
射能物質のどこが安全でクリーンなのか…政府も電力会社もこのように国民に
宣伝してきたが、それが全く真実に反していることが今回証明された。政府も電力会社も、すでに「想定外」という便利?な言葉では国民は納得しない事も解っているはずである。
また子供の被曝基準を20ミリデシベルと決めた事も国内は勿論、国外からも多
く批判が出ているようで、なぜ政府は子供の将来の安全をもっと真剣に考えら
れないのだろう。目先の移転補償問題を出来るだけ小さくしようとしている(官僚
からの入れ知恵?)その魂胆もミエミエである。原子力がなくなっても電力不足
には絶対にならないと言う研究者も多くいるというが、ただただ利権と言う存在
が邪魔をしているだけであるようだ。
日本人全体の極々一部の人間にの為に1憶3千万の国民が地獄へ送られてしまうとすれば
なんとも罪深い話である。

投稿: 日本 憂太郎 | 2011年5月 5日 (木) 12時38分

先日敦賀原電の見学に行きました。その際、すれ違った多くの地元の観光バス。すべて原発関連者を乗せたバスでした。おまけに、海上保安庁も、原電のバスで、原発内にきていたようです。
福井県内だけで、14基の原発。この原発関連協力会社で、福井県の観光と経済は回っているそうです。
ホテル・旅館・飲食業・タクシー・観光バス・民宿・すべての物流が原発があるおかげで(?)生活できているという現実を目にし、言葉を失いました。
数十年前からに開始された原発。
おそらくとてもないお金が県にそそぎこまれたはず。

福井県の知事の勇気を応援したいと思います。
武山さんのブログも期待しています。ありがとうございます。

投稿: つちのこ | 2011年5月 5日 (木) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39865210

この記事へのトラックバック一覧です: 福井県知事、関西電力美浜原発の再開認めず:

« 菅政権の不作為(作戦)勝ち | トップページ | TPPや原発など新成長戦略の政策見直し »