« 福島第一原発を直接取材した青山繁晴氏の映像 | トップページ | 菅内閣がいま直ちにやらなければならない事 »

年間20ミリシーベルトの被曝線量を許容した現日本政府の考え方

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/9f0a3b75d7c12beff6d6ad529608317c

 私は日本政府の肩を持つのでも批判しているのでもありません。この方針を打ち出したのは我々の政府であり、国民の健康を、特に子どもの健康を無視している態度に呆れているだけです。

 こういう政府をいまだに支持し政権に就かせているのは日本国民そのものだからです。

|

« 福島第一原発を直接取材した青山繁晴氏の映像 | トップページ | 菅内閣がいま直ちにやらなければならない事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39875633

この記事へのトラックバック一覧です: 年間20ミリシーベルトの被曝線量を許容した現日本政府の考え方:

« 福島第一原発を直接取材した青山繁晴氏の映像 | トップページ | 菅内閣がいま直ちにやらなければならない事 »