« 福島第一原発10キロ圏、遺体発見31遺体! | トップページ | アンゴルモアの大王! »

日本も捨てたもんじゃない!

 昨日から今朝にかけて色々考える事がありました。その第一の理由は、日本の政治家がこうも無能なのに、一般の日本人がなぜこうも素晴らしいのだという事です。

 日本の政治家が下らないのは、政治を志す目的が下らないからではないのか、と思ったのです。政治家は、政治家になる目的が金儲け、つまり、大金を懐に入れて、人よりも良い生活がしたいからではないのか、という事に思い当たったからです。

 一昔以上前は、政治家になるには、人様のお役に立ちたいからだ、という人が多かったように思います。しかし、いまはそういう人は皆無です。私の身の回りを見まわしてもそういう人ばかりです。もちろん、昔から金儲けに徹するために政治家を志す人はいました。しかし、そういう人ばかりではなく、一定の割合で、純粋に人様のお役に立ちたいがために政治を志す人が必ずいたのです。

 ですが、いまはどうでしょうか。政治家になるには選挙に当選しなければなりませんが、選挙を入社試験くらいに考えている人がほとんどです。だから、難しい入学試験を突破した途端に、勉強を忘れて遊び呆ける学生がほとんどのように、難しい選挙に当選した途端に、それまで選挙にカネをつぎ込んだ分を取り返そうとして、金儲けにばかり走るようになるのと同じ事だと思うのです。

 こんなシステムで動いている選挙制度そのものが悪いとも言えます。供託金制度がその典型です。選挙に乱立するのを防ぐために考え出された制度だと思うのですが、この制度こそが政治家を金儲け主義にさせている元凶だと思うのです。

 それに引き換え、一般の人は、まず最初に社会に出る時、人様に迷惑を掛けないよう、また出来るだけ人様のお役に立てるよう心掛ける事を教え込まれます。だから、迷惑を掛ける事を、最も不名誉な事だと思うようになるのです。

 いまでも、一般人はこの事を家庭で教え込まれます。もっとも、いまは自分さえよければそれで良いという風潮も蔓延ってはいますが。

 だからこそ、外国人が今回の震災における日本人の礼儀正しさ、自分の事をさしおいて、人様の事を先に考える日本人の姿を見て、日本人の素晴らしさを実感したのだと思うのです。

 日本人も捨てたものではない、と思ったのはこの事のためです。

 これからの人類の黄金時代は、利他主義が中心になります。そして、無条件の愛が人類のモットーになるのです。だからこそ、これから来る未来社会は素晴らし社会になる、と言われる所以なのです。次元が上昇する、波動が上がる、というのはこの事なのです。新しい人類の黄金時代はこうして招来されるのですが、依然として波動の低い、従来型の社会も残され、存在する事になっています。しかし、波動の違いによって共存する事は出来ないと言われています。

 私が、日本人も捨てたものではない、と思った本当の心は、実は他にあるのです。つまり、来るべき人類の黄金時代は、日本人が中心になるのではないか、と秘かに期待しているからなのです。その主な理由は、外国人から見た今回の震災時における日本人の高評価に現れていると思うからです。この事は日本人を持ち上げ過ぎなのでしょうか?

 昨日から今朝にかけて考えたのはこんな事です。下らないと思われるかも知れませんが、お許しください。

|

« 福島第一原発10キロ圏、遺体発見31遺体! | トップページ | アンゴルモアの大王! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

貧しきものは救われる・・その言葉が最近浮かんでいます。お金、物、知識、今まで一生懸命努力して集めたものを手放すのは本当に大変ですが、上の次元には何も持ってはいけません。体も脳も心も軽くして5次元へ入ってゆく準備期間がいまだと感じます。でも、自分の浄化は必須ですから、そのことを伝えてくださっている人もたくさんいます。私もあるとき手放す事に気が付き目に見えない存在に気が付きました。貴ブログもその気づきを与えていただいたうちの一つです。地球が大好き、日本が大好きたくさんの人に早く気づいてもらいたい!!
空に飛んでいる美しいセスナ機は果たして人間界の物か自分に尋ねて欲しい。30分間に10数機果たして飛ぶでしょうか?そう気が付くと空から羽毛が降ってきたこともあります。 祈りの力、信じること、たくさんの人が救われますように。

投稿: くみ | 2011年4月16日 (土) 23時43分

以前に新聞のコラムで読んだのを思い出しました。ホームレスの人が交番に財布を届出る内容でした。「今の世の中すてたもんじゃねぇ(善意の人)」実話

あるご婦人が散歩途中に財布を落としまた逆戻りして探したが無くやむなく交番に遺失届けを出す。
「今の時代だから、財布は見つかりにくいですよ。よほど善意の人に拾ってもらわないと」とお巡りさんに言われた。正直あきらめていた、数日後交番から財布が見つかったと電話がありお金も全額入っていて、拾い主は、橋の下の青いテントにいる人と教えてくれた御礼のためテントを伺うとその方は御礼なんていいですよ、当たり前の事をしたまでですからとテントの中から言うだけで会ってくれず、話をして素気ない態度に自分事を詮索されたくないと拾い主の気持ちが伝わったきた隙間から中を見るとミカン箱の上に位牌が置かれていた。テントの前に謝礼金を置いて帰った。後日気になって行って見るとテントは無く野良猫が一匹ミカン箱の上に座っていた謝礼金はそのまま箱の中に一緒に手紙が添えてあった。事情があり名前などお話出来ません気持ちだけ頂いておきますと...

今の世の中貧しい人程善意の人が、心優しいこの様な人達を救える町、市、県、国には今のところいないだろうな正直者が馬鹿を見る世の中を反転させなければ成らないと思います。心にジ~ンと感じる事が人の感性が上昇し素晴らしい世界に変わって行くのではないのでしょうか人を思いやる気持ち「愛」です。子供達の為に素晴らしい世界にしましょう。

投稿: 倭 | 2011年4月16日 (土) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39629741

この記事へのトラックバック一覧です: 日本も捨てたもんじゃない!:

« 福島第一原発10キロ圏、遺体発見31遺体! | トップページ | アンゴルモアの大王! »