« 復興構想会議、人が多過ぎ会議纏まらず? | トップページ | 衆院愛知6区補選、自民党が当確 »

震災で中国人が次々と帰国、一方で今も余震が続く日本国内

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110424-00000001-scn-cn

 この状態は、余りにも日本人が原発の爆発の恐怖を実感していないところに問題があります。海外では、特に中国人は放射能の悪影響に敏感です。日本人は、いまさら帰るところがないとは言っても、鈍感過ぎます。

 しかも、余震は収まるどころか今もいつ巨大地震が連鎖反応を起こして次々と起るか、まったく不明で、心ある地震学者や原発設計者などは、恐ろしくて心の休まる時がない、とも言っています。

 何も知らないで、案外安穏として生活しているのは肝腎の被災者かも知れません。特に、責任者である菅総理や、東電に対して行動を起こさないのが不思議です。今日も東京で東電に対して原発反対のデモがあったらしいですが、せいぜい5,000人にも満たない参加者であったらしい。これが、例えばアメリカであったらどうでしょうか。

※こういう調査結果もあります。しかし、これはネットでの調査であり、一般国民の意識とはかなりのずれがある事を知っておいてください。

http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-632e.html

|

« 復興構想会議、人が多過ぎ会議纏まらず? | トップページ | 衆院愛知6区補選、自民党が当確 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39737668

この記事へのトラックバック一覧です: 震災で中国人が次々と帰国、一方で今も余震が続く日本国内:

« 復興構想会議、人が多過ぎ会議纏まらず? | トップページ | 衆院愛知6区補選、自民党が当確 »