« 広瀬隆著:「原子炉時限爆弾」を購入して | トップページ | 自分の命は自分で守るしかない! »

権力に媚びるものは権力に滅ぼされる…城内みのる氏のブログから

 今日、久しぶりに衆議院議員の城内みのる氏のブログが更新されているのを見て、早速読んでみました。短い文章でしたが、大連立の事に触れて、そんな事はあるまい、との見通しの次にこのフレーズの意味の言葉が出てくるのです。

 菅政権は末期症状を迎えて、アップアップしていましたが、先月11日に発生した突然の東日本大震災によって命拾いをした感じでした。

 しかし、もともとリーダーシップに欠けている政治家でしたから、やることなす事が中途半端で、対策を小出しにしたり、情報を隠蔽したり、自分の息のかかった御用学者のみを重用したり、と、まるで遠謀熟慮の政治の世界の住人にあるまじき政治家でした。城内みのる氏はその事を見抜いてのこのフレーズになったもでしょう。余りにも情けない。

 今日も、ロシア政府から、放射能に汚染された原子炉からの汚染水を海洋に垂れ流した事を非難され、抗議を受けていました。これなどは、遠謀熟慮の不足を如実に表すものです。もういい加減で首相を辞任したらどうですか。国民は呆れると同時に、政治に嫌気がさしています。現今の支持率が少し向上したかに見えるのは、そのような国民の諦めが入っています。

※これはいわき市がやるべき事ではないでしょう。政府が国の資金を使ってやるべきです。

http://alcyone.seesaa.net/article/194849938.html

|

« 広瀬隆著:「原子炉時限爆弾」を購入して | トップページ | 自分の命は自分で守るしかない! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私も同じ事を考えています
プラスで背徳の弁護人が内閣に蔓延っています、さながら鎌をもち空をさまよう死に神のごとくに

投稿: まき | 2011年4月22日 (金) 03時17分

私の知人に、あちらの世界に自由に出入りする人がいます。
夕べ神格のある方と話をしたそうですが、、宮城県沖が大変なことになっているようです。その方が言うには 今回の人工地震により断層が壊れ、もう修復不能になっている、夕べのような震度6強の地震が何回もおき、人々がその地震になれたころその大災害がやってくる可能性がある。
それは、最悪の場合陸地の消滅だそうです。
用心に越したことはありません、同じ避難をするのであれば内陸部に避難してほしいです。
今回の地震を天罰といったものがいるそうですが、この言こそ天に唾するものでしょう。

投稿: | 2011年4月 8日 (金) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39533930

この記事へのトラックバック一覧です: 権力に媚びるものは権力に滅ぼされる…城内みのる氏のブログから:

« 広瀬隆著:「原子炉時限爆弾」を購入して | トップページ | 自分の命は自分で守るしかない! »