« イオン、出荷規制のサンチュを販売! | トップページ | 首相が震災復興本部への参加を全野党に呼び掛けた! »

時代は変わり始めた!

 皆さん、こんばんは。今日はネット上に目ぼしい情報がありませんので、私のいま考えている事を書こうかと思います。

 それは、アセンションなどというのは難しく考える必要はまったく無く、単に意識の変革だ、という事についてです。と、書くと何か難しい事でもあるのかなぁ、と思われそうですが、そうではありません。

 私は、一日の締めくくりとして、今日私のブログを訪問して頂いた方々のアクセス解析をその日の一番最後の仕事としてやる事にしています。これは必ずするという事ではなく、気が向いたらやる事にしているだけです。

 そうしたら、今日(厳密に言えば昨晩)アクセス解析に興味深い場面が録画されたサイトがあるのに気が付きました。

 それは、岩上安身氏のサイトがユーストリーム中継した東電の記者会見の模様を録画したものだったのです。たまたま見た場面が、会見後のぶら下がり取材をしているところでした。その場面は、東電の担当者が、既にしどろもどろになって言い訳をしている場面でしたが、岩上氏が執拗に食い下がり、問い詰めていました。

 内容は詳しくは解りません。しかし、東電の社員は公式の記者会見の場では言わなかった事を、このぶら下がり取材で口を滑らしたため、その部分を岩上氏にユーストリームから削除するように要求したらしいです。当然、岩上氏はその要求を拒否し、なぜそんな事をするのか、それは東電の隠蔽体質を証拠だてるものではないのか、と食い下がっていたのです。

 東電の社員はユーストリームがダダ漏れになっている事に気が付いていません。しかし、岩上氏は気が付いていて、ある種、意識的に抗議しているのが見て取れました。

 なぜこれが重要なのかというと、従来のマスメディアのテレビカメラによる取材では到底あり得ないようなリアルさで見ている私の眼に飛びこんで来たからです。そして、咄嗟に思った事は、これは従来の取材に革命が起こった、という事実を感じたためでした。

 従来のぶら下がり取材は、記者の一方的な思い込みにより記事が書かれ進行します。しかし、ユーストリームではそれがまったく違うのです。要するに、取材する方と、取材される方が一種の登場人物化して、その場の雰囲気をリアルに再現してしまうのです。これでは隠し事など到底できる訳はなく、すべてがありのまま記録に残される事になります。将来、これは大変な変革になり得ます。

 岩上氏はこの面で最先端を行っていると思います。では、これがなぜアセンションと関係があるのか? そこがポイントなんですが、つまり、人々の意識がその行為によって眼覚めさせられる可能性が高いのです。

 結局何が言いたいかというと、アセンションそのものは、自分がいま何をし、何を思っているか、という自意識の覚醒を促す、と思うからです。つまり、アセンションとは自意識の拡大に他ならないという事です。つまり、自動操縦では生きない、という事です。

 これは、いま各個人の間で秘かに起りつつあります。各個人は認識するとしないとに関わらず、こうして目覚めさせられているのです。今回起きた大震災、特に原発事故に非常な興味をいやが上にも掻き立てられています。従来の災害であれば、作られたテレビや新聞の記事によってだけ情報が知らされてきましたから、そこには記者の意識操作が入っていた訳です。それが、ユーストリームを典型として、完全に突き崩されたのです。そして、真実しか流れ得なくなったのです。

 この事を、岩上氏が自覚しているかどうかは知りません。しかし、薄々は感じている筈です。

 最近、フリージャーナリストの一人、上杉隆氏がマスメディアから追放されそうだという事が話題になっています。しかし、そこには大きな抜け道が用意されていました。その証拠に、最近、上杉隆氏は鳩山前総理の肝入り・主宰で多くの民主党国会議員を集めて講演会を開きました。これこそ、現菅総理と大きく違うところです。もっと極端に言うと、菅総理は旧時代の人、鳩山氏は新時代に遅ればせながらも、滑り込み、乗り込めた人、という事が出来ます。

 また、小沢氏は早くから新時代の到来を見抜き、岩上氏やユーストリームの可能性が時代を変え得る事を知っていました。

 実は、岩上氏の活動は目覚ましいものがあるのです。氏のサイトによって次々と新しい人達が世に出ています。それが従来見向きもされなかった京都大学の小出裕章助教であり、「原発時限爆弾」論を書いた広瀬隆氏なのです。これまではこのような人は時代の流れから逸れて絶対に見出される事はありませんでした。要するに、時代は換わりつつあるのです。これは、ある意味でパラダイムの大転換であり、新しい黄金時代の出現の一端なのです。

 このように、アセンションは既に始まっています。我々はそれに乗り遅れないように心がけなければなりませんが、何も意識的にやる事はありません。素直に流れに逆らわず、自然について行くだけで良いのです。こんばんは妙に賢しらに書きました。お許しください。

|

« イオン、出荷規制のサンチュを販売! | トップページ | 首相が震災復興本部への参加を全野党に呼び掛けた! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。昨日14日夜月が明るく夜なのにかがやいていたので思わず写真を撮りました。時々写真を撮って自分で検証をしているのですが、昨日も月の回りにいくつもの丸い物体(星ではありません)が写ります。続けて写すと次の写真には全くその物体は写りません。 私達は常に見守られていると実感します。個人の選択でこの地球を守るために私に出来る事は、原発はもう選択しません。今の内閣をもう選択しません。今までありがとう・・ と祈るのみでした。小林氏の祈りに賛成です。自宅でいまも祈りました。 ありがとうございました。 陰の部分を貴ブログで拝見するたびに光への道がはっきり見えてきます。
ありがとうございます。 くみ

投稿: くみ | 2011年4月15日 (金) 10時16分

初めてコメントを書かせていただきます。約1年前から毎日拝見しています。驚くような色々な真実を知り、でも、そうなんだ~と、腑に落ちることが多く二元性システムを分かると少し客観的に今の現実を見ることが出来るようになり、悪性の渦の中から抜け出られました。おおくの人が早く気づかれるように祈る事しかできませんが・・ 宇宙の力を確実に感じています。そして光の道に通じる事は些細な一瞬にしか現れないのだと最近分かりました。それを見過ごさず焦点をあてていくと光が増大するのでしょう。身近な頑なな人達の言葉の中に変化を感じています。
今回の貴ブログで私も確信しました。 アセンションは着実に始まっていますね。ありがとうございます。

投稿: くみ | 2011年4月14日 (木) 09時25分

毎日お疲れ様です。
いつもありがとうございます。
菊村

投稿: Renbukiku | 2011年4月14日 (木) 07時50分

いつの頃からか、もう既に始まっているな・・・という
感覚がありました。

気づいて意識した時からスタートしているんだと思います。

各自ペースは違うし、歩んでいる道も違うのですが、
確実に、みんな始まっています。

最近は現象的にもかなり顕かになってきているので、
目覚める人がどんどん増えているのではないでしょうか・・・。

昨年トラックバックさせていただいた「アメーバと私達」
で描いていたことががまさに現実となっているのだと
思っています。

これも全て、日本から世界への目覚めを促すためです。
顔晴りましょう!

投稿: ひろみ | 2011年4月14日 (木) 05時07分

☆ともしびをつなぐ・国会議事堂への巡礼☆

『みんなの灯すキャンドルの光で国会議事堂をクルリと囲み、聖なる夜にしませ
んか?

東北関東大震災で亡くなられた方々の冥福をお祈りしましょう。

福島第一原子力発電所の事故が治まりますように、

日本政府が生命の真実に目覚めますように、

地球と共に私たちが大調和の流れに乗りますように、

・・・と皆さんで祈りましょう。

私たちの祈りの光で国会議事堂は輝き、奇跡の瞬間となることを私は夢みます。』

この集いはデモでもパレードでもありません。
この呼びかけは特定の団体からのものではありません。
人種、国境、宗教、宗派、を越えた切なる人類の希望の願いです。

今、世界中の方々が日本の好転を願い、お祈りをしてくださっています。
その方々の祈りの光と、私たちの祈りの光が解け合い、世界中の祈りの光で地球
を包み、
この日きっと奇跡は起こることでしょう。

祈りは差別のない、ポジティブな行為です。
共に祈りましょう。
そして日本の新しい幕開けをみんなでいたしましょう。

※これは、何らかの反対デモではありません。
ここは、祈りの場です。
決して過激な行動・発言はしないようにしましょう。
道路使用等許可申請の届け出はしません。
あくまでも一個人としての自覚の上、参加してください。
歩道の上でお祈りをしてはいけないという法律はありません。
だれかに質問されたら、「一緒にお祈りしましょう」とお誘い下さい。
また、呼びかけ人の名前が変わっていっても全く問題ありません。
あなたのところでドンドン広げてください。
ただ一つ守って頂きたいのは、当日の混乱を避けるため、
《この集いの主旨・内容の変更は絶対にしないように》お伝え願います。

*4月29日(昭和の日)午後6時〜10時まで
*持ってくるものは、あなたとキャンドルです。
(キャンドルの雨、風対策はしてくださいね)
*国会議事堂に来たら時計廻りに廻り出しましょう。

これは、日本史上初の聖なるアクションとなるでしょう。
この日集まった皆さんと、実りある祈りの場にしたいと切に願います。

*最後にもう一度お伝えしておきます。
この集いはデモでもパレードでもありません。
この日行なうことは、
東北関東大震災で亡くなられた方々への冥福のお祈り。
福島第一原子力発電所の事故が治まりますように、
日本政府が生命の真実に目覚めますように、
自然さん本当にごめんなさい、
私たちの地球が大調和の流れに乗りますように、
・・・のお祈りです。

それでは多くの方々の参加を夢み、国会議事堂でお会いするのを楽しみにしてい
ます。

※呼びかけ人
小林健一
===============================================

今の日本を憂いてやるせない気持ちが続いています。
いろいろ考えた結果、こんなことしようと思います。
賛否両論あると思うけど、ちっぽけな自分が出来ることは「祈る」ことしかでき
ない。
もう科学や政治では収まりきれない段階にいると思ってる。
まだやってないことはみんなで集まって「祈る」ことだけじゃないかと思ってる。
やらないで一生後悔するより、やった方がいいに決まってる。

賛同して頂ける人はコピペしていろいろ回してください。
嫌な人は無視してください。
呼びかけ人も名前が変わってもいいと思うし、いやだったら俺の名前を使ってく
ださい。
議事堂に来れない人は自宅でやってもいいと思います。

投稿: 小林健一 | 2011年4月14日 (木) 04時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39604126

この記事へのトラックバック一覧です: 時代は変わり始めた!:

« イオン、出荷規制のサンチュを販売! | トップページ | 首相が震災復興本部への参加を全野党に呼び掛けた! »