« 大連立構想は仙谷前官房長官が仕掛けた、小沢排除の方法論らしい | トップページ | 生々しい福島原発での作業員の証言 »

岡田民主党幹事長、自民党との大連立に前向き

 岡田民主党幹事長は、三重県での会合で、自民党との大連立構想について、前向きに取り組む用意がある、と述べたと言われています。この言葉は実に意味深長です。

 民主党幹事長の要職にあるものが大連立に前向きであることを改めて表明した事は、言外に菅総理の退陣を匂わせています。また、党内をまとめるために、様々な人選を行う事も意味しています。

 ただ、いきなり自民党に総理大臣を持って行くのではなく、一度は与党を形成している国民新党の亀井静香代表に総理大臣を持って行き、救国・挙国一致内閣として発足させ、各大臣も、民主党と自民党で分け合うのではなく、国民新党の亀井代表を中心にして適材適所に党派に拘らずに人選し、当面の課題に対処すべきです。

 ひょっとすると、ここから瓢箪から駒、という事になるかも知れません。加えて、小沢氏も入閣するようになれば、文字通り挙国一致内閣になります。この人事は、亀井代表でしか行えません。小沢氏もこの申し出には拒否出来ないでしょう。

 解散・総選挙は各党間で話し合い、適切な時期を設定すべきです。もちろん、国民の新内閣の支持率を見て判断すべきです。取り敢えずは、東日本大震災の復興事業に早急に取り組み、国民生活を立て直し、国民に勇気とやる気を与えなければなりません。 

 もちろん、いま問題になっている原子力発電をどうするかも決めなくてはなりませんが、これは時期(なるべく早い時期に)を見て国民投票に掛けるべきかもしれません。

|

« 大連立構想は仙谷前官房長官が仕掛けた、小沢排除の方法論らしい | トップページ | 生々しい福島原発での作業員の証言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39454577

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田民主党幹事長、自民党との大連立に前向き:

« 大連立構想は仙谷前官房長官が仕掛けた、小沢排除の方法論らしい | トップページ | 生々しい福島原発での作業員の証言 »