« 予言されていた大震災…広瀬隆氏インタビュー | トップページ | 20キロ圏外に計画的避難区域設定へ »

小沢氏、決起間近! 菅首相抜き

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110411-00000088-san-pol

 この記事には、大連立という標題が付いていますが、大連立とは言えないと思います。もちろん、小沢氏は自発的な菅氏の退陣を望んでいますが、この人はそう言う玉ではありません。東日本大震災という国家的災難に於いても、自らの権力保持に利用するような人物です。内閣不信任案が可決されても総辞職するような人物ではありません。逆に破れかぶれで衆議院を解散するような人間です。

 民主党の新人議員の多くはそれが怖くて菅首相の退陣論を公言できないのです。

 そこで、小沢グループのメンバーは公然と自民党との連携を図り、場合によっては内閣不信任案の可決を睨みながら行動するのでしょう。

 なぜなら、今は一刻も早く内閣を総辞職させ、この危機を乗り越えないと、いつ福島原発が水蒸気爆発を起こし、日本中が危険な放射能に覆われるか解らないからです。特に、今の東電、保安院の連中は、昨日も書いたように原子炉の専門家が一人もおらず、素人集団で故障の修理をやっている訳で、危なっかしくて見ていられないからです。

 京大の小出博士などは今にも水蒸気爆発が起こる、と警告しています。その小出博士でさえ原子炉内では何が起こっているか、良くは解らない、と言っているのです。日本政府、東電は事情に詳しいアメリカからの援助を断りました。まさに狂気の沙汰です。自分たちだけで処理できると思っているらしいですし、菅政権は、その事さえ自らの権力維持に利用しようとしているのです。

 これでは確実に日本は破滅します。原子炉の爆発という致命的事故だけでは無く、世界中に放射能をまき散らすという地球の危機を招来するという二重の意味で日本が破滅しようとしているのです。

 まるで、子どもが危ない花火を持って危険を人質に取って煽っているような状態です。菅政権には物事の道理が解っていません。一刻も早く、他の者で政権を掌握して、日本を危機から救うべきです。手遅れにならない内に!

|

« 予言されていた大震災…広瀬隆氏インタビュー | トップページ | 20キロ圏外に計画的避難区域設定へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39569444

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏、決起間近! 菅首相抜き:

« 予言されていた大震災…広瀬隆氏インタビュー | トップページ | 20キロ圏外に計画的避難区域設定へ »