« 気象庁放射性拡散情報予測、(今になって政府は)公表すべきだった | トップページ | 民主と自民による大連立の可能性! »

つむじ風のサイトの閉鎖が解かれた!…めでたい!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/

 私のサイトも一時アクセスが急減し、おかしいと思っていました。私のサイトは2時間ほどで回復しましたが、つむじ風さんの所は、今朝になるまで閉鎖は解除されませんでした。これがいかなる理由によるかは各自でご判断いただくしかありませんが、不可解な事は不可解です。

 それはさて置き、このサイトのトップページをご覧ください。福島第一原発での事故以来、日本地図上に風向と死の灰の移動の様子が明確に表示されています。

 私はこれこそが今回のサイト閉鎖の根本原因だった、と今も思っていますが、まだ他にも、つむじ風さんが政府・東電にとって不都合な情報を公開していたのは事実です。政府・東電は既に3月11日の地震発生当日に、原発のメルトダウンを予測し、死の灰が首都圏だけでなく、西日本、東日本にも拡散する事を予想していたのです。昨日になって、東電職員の2名の行方不明者が死体で発見された、という情報を取って付けたように発表しましたが、これも不可解な事のひとつです。

 ともかく、政府は情報を隠蔽しています。この日本地図上に示された死の灰の移動の様子=シュミレーションは、既にドイツの公式サイトによって広められているそうです。という事は、いくら日本政府が隠蔽しようとしても、隠蔽すればするほど逆効果になり、日本に不都合な情報が流されるのです。為政者はこの事を肝に銘ずべきです。

 既に、枝野官房長官は、今日午後の記者会見で、気象庁の情報は初めから公開すべきであった、と、公式に認めました。

|

« 気象庁放射性拡散情報予測、(今になって政府は)公表すべきだった | トップページ | 民主と自民による大連立の可能性! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

つむじ風が復活してよかったですね。
都合が悪いとすぐに消される、メディアはうそ八百でもお構いなしだ
個人なら理由もなく説明も果たさないで停止してしまう

http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941
悪事はばれてしまうのに!

投稿: 倭 | 2011年4月 4日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39490199

この記事へのトラックバック一覧です: つむじ風のサイトの閉鎖が解かれた!…めでたい!:

« 気象庁放射性拡散情報予測、(今になって政府は)公表すべきだった | トップページ | 民主と自民による大連立の可能性! »