« 地中熱利用が政府の補助金活用で有利に | トップページ | 一次補正予算予算成立後首相退陣も »

与党提出の内閣不信任案可決の可能性

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110425/plt1104251557005-n1.htm

 このような事態が舞台裏で着々と進んでいるようです。

 しかし、政界は一瞬先は闇です。実際には何が起こるか解りません。今日の参議院での集中審議の中で、真の挙党一致内閣を造るのが先ではないのか、という質問に対して、菅首相は否定も肯定もしませんでした。

 これは、ひょっとして超超ウルトラCがあるのかも知れません。キーマンはどちらに転んでも国民新党の亀井代表のような気がします。菅首相は相当に追い詰められています。

 しかも、菅首相は何らかの形で閣内に留まるか、実際の政権運営は亀井氏に任せ、自身は飾りの首相に徹しようとするのか…。菅氏の権力に対する執着は並大抵のものではありません。

|

« 地中熱利用が政府の補助金活用で有利に | トップページ | 一次補正予算予算成立後首相退陣も »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39750072

この記事へのトラックバック一覧です: 与党提出の内閣不信任案可決の可能性:

« 地中熱利用が政府の補助金活用で有利に | トップページ | 一次補正予算予算成立後首相退陣も »