« ソフトバンク孫社長、「自然エネルギー財団」設立! | トップページ | OECD…消費税20%も »

東電、作業員の被曝線量を管理手帳に記載せず!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110421-00000002-maip-soci

 これは酷い。こんな事が許されて良いのか。まったくこの国の労働行政と電力会社は人の命を何だと心得ているのか。

|

« ソフトバンク孫社長、「自然エネルギー財団」設立! | トップページ | OECD…消費税20%も »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

少し気になった記事がありましたので・・・

「母乳から放射性ヨウ素検出される」…独自調査に乗り出した市民団体。

 「本当に母乳に放射能汚染はないのか」?


  ある市民団体が独自調査に乗り出したところ、被験者の母乳からヨウ素131が検出されて問題になっています。

 活動を始めたのは、福島県内の有志が昨年11月に結成した市民団体「ハイロアクション福島原発40年」。福島第一原発1号機が今年の3月26日で40年を迎えたのを機に、「廃炉と廃炉後の地域社会を考え行動しよう」というスローガンの元に発足された団体です。

http://kirei.biglobe.ne.jp/news/detail/20110421002438_pch19669

気になるのは、母乳調査・母子支援ネットワークというのは、反原発団体が母体だということかな。

投稿: kitayama | 2011年4月21日 (木) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39694291

この記事へのトラックバック一覧です: 東電、作業員の被曝線量を管理手帳に記載せず!:

» マーシャル諸島の被曝者たち [マーシャル諸島の被曝者たち]
日本は、人類史上初めて核兵器を使用された歴史を持っています。「ヒバクシャ」は、国際語です。しかし、ある意味でヒロシマ、ナガサキ以上の被害を受けたマーシャル諸島の被曝者たちについては、ほとんど知られていません。終戦直後の1946年、米軍は、マーシャル諸島での核実験を開始しました。軍の報告書によると、マーシャル諸島が選ばれた理由は、「何もない」からでした。そこに暮らす人々の存在は、... [続きを読む]

受信: 2011年4月21日 (木) 12時38分

« ソフトバンク孫社長、「自然エネルギー財団」設立! | トップページ | OECD…消費税20%も »