« 地震で国土狭くなる? 地盤沈下で太平洋に! | トップページ | 福島第一原発の水蒸気爆発の危険高まる! »

ダンプ疾走、30人を救う! 仙台、蒲生の土建業者

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/wakabayashi_tsunami/?1302097288

 土建業者と言えば、談合や利権に食い込むというイメージだけが独り歩きしていますが、地方の業者はそんな事はありません。むしろ、台風や地震の時には一身を投げ打って人助けをし、自分の事はさて置いて地域のために貢献しているのです。

 また、地域の雇用を守り、地域のインフラ整備を担当する何でも屋でもあります。皆さんはこういう人たちもいる事をもっと知って下さい。

 津波に襲われた人を、30人も救うなんて誰でも出来る事ではありません。大手のゼネコンと地方中小建設業者は、同じ建設業でも、まったく体質が違うのです。同じに見ないでください。

 大手ゼネコンはもはや建設業者ではありません。むしろ商事会社の方に近いのです。

 それに引き換え、地方の中小建設業者は、地元に密着して暮らし、地元が苦しければ、地元の人とともに泣き、共に喜び、なくてはならない地元民なのです。今回の地震と津波災害では、こうして地元の人たちの命を救い、震災後には、自らが被災者にも拘らず、復興の担い手として孤軍奮闘しているのです。もちろん、震災復興事業も多くあるでしょうが、その事以外にも、自らが身を呈して地元のために尽力しているのです。

 ボランティアや、募金だけが地元のためになっているのではないのです。

 しかし、この土建業者には必ず後日、陰徳を積んだそのお陰で、必ず陽報があるでしょう。家族が無事であったのがその一つの表れかも知れません。

|

« 地震で国土狭くなる? 地盤沈下で太平洋に! | トップページ | 福島第一原発の水蒸気爆発の危険高まる! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39515438

この記事へのトラックバック一覧です: ダンプ疾走、30人を救う! 仙台、蒲生の土建業者:

« 地震で国土狭くなる? 地盤沈下で太平洋に! | トップページ | 福島第一原発の水蒸気爆発の危険高まる! »