« 19日中にも冷却用ポンプ電源が作業終わるか | トップページ | 後手後手にまわる原発事故対策と、進まぬ震災復興 »

米、なぜ本当の事を言わないのか

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110319/plt1103191509001-n1.htm

 米国政府が日本政府に対して不信感を募らせています。多分、日本政府の中にいる数人が米国の介入を嫌っているのでしょうが、とんでもない事です。

 小沢元代表も、個人的に発出した国民へのメッセージの中で、はっきりと政府は正確な情報を出していない、と非難しています。

 これでは、アメリカ側としても協力のしようがありません。アメリカは核大国であり、スリーマイル島原発事故の経験もあるのだから、素直に協力を得て、日本の体制を委ねれば良いのです。その方が国民も安心するでしょう。

 ドイツやフランスはこのような日本の対応に既に不信感をあらわにしており、自国民の国外退去を進めています。菅政権ではどう仕様もないです。

 また、先ほど午後4時からの枝野官房長官の記者会見でホウレンソウや牛乳の汚染が確認されたそうです。出荷停止をほのめかしていますが、これなどはおかしな話で、政府、東電が責任を持って汚染野菜や牛乳を回収するべきで、生産者に責任を持たせるのは筋違いです。

 菅政権のやる事はまったくなっていないというべきです。

|

« 19日中にも冷却用ポンプ電源が作業終わるか | トップページ | 後手後手にまわる原発事故対策と、進まぬ震災復興 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39288363

この記事へのトラックバック一覧です: 米、なぜ本当の事を言わないのか:

« 19日中にも冷却用ポンプ電源が作業終わるか | トップページ | 後手後手にまわる原発事故対策と、進まぬ震災復興 »