« カダフィは首都を脱出したようだ(?) | トップページ | TPP賛成の政府試算に重大なごまかしが発覚! »

牛肉市場開放で圧力強める米国=TPP絡めた揺さぶりも

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110310-00000508-san-int

 やはりこう言った手段に出て来ましたか。これで何で政府は事実に基づかない批判という事ができるのでしょうか。まったく呆れてものも言えません。日本にBSE汚染牛肉が入ってきたら、被害を受けるのは一般国民です。

 アメリカの畜産は畜産とは言えない代物です。飼育をを効率的に行うために、エサに何でも使うのです。それこそ何でもです。BSEはそうして発生してきたのです。人間の浅知恵がBSEを生んだのです。

 肉食用の動物は、愛情を持って飼育されてこそ人間に奉仕してくれているのです。動物を単なるモノとしてしか見ないアメリカの畜産はもはや農業の域を逸脱しています。

 それに引き換え日本では昔から畜産は動物を生き物として扱い、限りなく深い愛情を持って育てて来ました。それでこそ動物を食用にしても最低限許されるのです。

 アメリカのやり方は、決して通用しません。結局人間を滅ぼす源です。

|

« カダフィは首都を脱出したようだ(?) | トップページ | TPP賛成の政府試算に重大なごまかしが発覚! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39176366

この記事へのトラックバック一覧です: 牛肉市場開放で圧力強める米国=TPP絡めた揺さぶりも:

» 2010年の『ジャングル』 [マスコミに載らない海外記事]
2010年8月26日 1906年、社会主義者の作家アプトン・シンクレアが『ジャングル』を出版した。シカゴの家畜置き場で移民労働者が直面する残酷な状況、アメリカ人の食卓用の食肉が加工される場所の汚さ、そして、精肉業界の大立て者の腐敗と貪欲さの、強烈な暴露だ。 小説は劇的な衝撃をもたらし、あっと言う間にベストセラーとなった... [続きを読む]

受信: 2011年3月10日 (木) 22時32分

« カダフィは首都を脱出したようだ(?) | トップページ | TPP賛成の政府試算に重大なごまかしが発覚! »