« 続投を表明した前原誠司外相のメチャクチャな言い分 | トップページ | 外相の辞任論、政府・民主党に拡がる »

民主党前原誠司氏の政治姿勢を問う!

 前原外務大臣の言い訳を聞いて呆れました。こんな人物が民主党の幹部として君臨しているのか、と思うと腹立たしくもあり、国民をなめ切っていると思わざるを得ません。自民党の末期も酷かったですが、いまやそれ以上です。

 いま、国民はどんどん覚醒して来ていて、以前の小泉竹中構造改革が一般庶民にもてはやされていた時代とはまったく違います。国民の政治を見る目は厳しくなっているのです。

 このような人物が、天下の一流大学を出て、松下政経塾という政治の表看板を引っ提げて日本の政界に颯爽として存在していた事を考えると、背筋が寒くなります。

 彼はアメリカの言いなりになり、一部ではアメポチ前原、という表現までされて揶揄されて来ました。その理由は言うまでもありません。

 彼は現在48歳という政治家としても、また人間としても最も油の乗り切った完成域に達しつつある人間の筈です。それがこの有様では、日本の将来が思いやられます。

 今の政治家のほとんどは前原氏のような教育なり思想を持っているとすると、日本の将来は真っ暗です。

 私は、日本の政治家は政治の専門家だから、彼らに任せておけばある程度はやってくれるだろうという思い込みがありました。

 しかし、これではまったくダメです。一度日本中の政治家はすべてクビにして、一般庶民の中から政治家に相応しい人物を選び直して、日本の政治を立て直すしかありません。今の政治家は言わば人間のクズばかりです。

 私は人類の黄金時代が、近く訪れる事を確信しています。この時代を担い得る人物は、政治に於いては政治のプロとも呼べる人が担うのかと思っていました。しかし、それはまったく思い違いである事がはっきりしました。

 私はチャネリングメッセージというものをある程度信用していました。きたるべき「人類の黄金時代」には、その資格がある人たちが新世界を作り上げるものと思ってきました。この事は間違っている事が、今はっきりしました。いいぇ、チャネリングメッセージが間違っているという意味ではありません。そうではなくて、チャネリングメッセージがある意味で、極めて正しいものであった、という事を思い知ったという事です。

 今から40年近く前に「アクエリアン革命=アクエリアンコンスピラシー(水瓶座の陰謀)」という本が世に出ました。著者は社会学者のマリリン・ファーガソンという人物です。アクエリアスの時代というのは、西洋占星学で言う革新の時代です。その革新というのは創造の前の徹底的な破壊を伴い、時代の要請に合わないものは、制度も人物も思想も徹底的に破壊しつくして、それからやっと創造が始まるのだという事が言われています。いまこの「アクエリアス」の時代の意味がようやく飲み込めました。

 前原氏を始めとする民主党の幹部たちの行動なり考えを見ていると、この事が身に沁みて良く分かります。彼らは旧時代の人間です。年齢は関係ありません。この旧時代の人類は消え去る運命にあるのです。

 そうして、新しい時代を担い得る人類は、それこそ社会のあらゆる界層から輩出し、教育も、氏も、育ちもまったく関係なく、誰が言い出すでもなく、そういう人たちが自然に出て来て、社会を担うようになる、というのです。

 私は、いまそれを確信しました。旧社会は音を立てて崩壊し、まったく新しい人達の登場を今こそ待っているのです。その人達は従来の人間の枠にまったく当て嵌まらない人達なのです。

|

« 続投を表明した前原誠司外相のメチャクチャな言い分 | トップページ | 外相の辞任論、政府・民主党に拡がる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

民主党どうなるのですか? 自民党は?既成政党はもうだめなんでしょうか? 今後の動きに注目したいす!!

投稿: shin | 2011年3月 6日 (日) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39120307

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党前原誠司氏の政治姿勢を問う!:

« 続投を表明した前原誠司外相のメチャクチャな言い分 | トップページ | 外相の辞任論、政府・民主党に拡がる »