« 牛肉市場開放で圧力強める米国=TPP絡めた揺さぶりも | トップページ | 日本の警察・検察・裁判所制度には重大な欠陥がある »

TPP賛成の政府試算に重大なごまかしが発覚!

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/03/tpp3210.html

 これで政府が言う、「TPP批判は根拠に基づかない資料による反対運動のための反対だ」と言えるのでしょうか。

 まさに政府そのものが重大なごまかし、ウソをついていたのではないですか。こんな事では菅内閣の言ってきた事が、すべてウソと誤魔化しに過ぎなくて、国民を騙して操っているとしか言えません。この事態を菅首相はどう説明するのでしょうか。

 いま北アフリカや中東では民主化反政府デモが荒れ狂っており、すでにチュニジアとエジプトでは政権がひっくり返され革命が成功しています。

 日本は穏健で民主的で平和な国だと言われて久しいですが、蔭でこういう風に国民は騙され、搾取され、アメリカの国際金融財閥や多国籍企業の軍産複合体に貢がされているのです。

 これで果たして民主的で穏健で平和な国家だと言えるでしょうか。暴動が起きない方が不思議なくらいです。もちろん暴力はいけません。しかし、平和な抗議ならきちんと言うべきです。

|

« 牛肉市場開放で圧力強める米国=TPP絡めた揺さぶりも | トップページ | 日本の警察・検察・裁判所制度には重大な欠陥がある »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

アメリカの国益にはなるが、日本にとって不利になるようなTPP条約が「不平等条約」である事を承知の上で加入推進しようとするならば、管政権は真の売国者集団と言えるでしょう。アメリカの国益の為に後先を考えず、夢遊病者のように迷走する管政権は一刻も早く潰さなければ、我々日本国民の先はないようにおもわれます。テレビ放送や新聞もTPP推進に加担しています。今でも日本はアメリカの属国と言われているのに、このまま放っておくと本当にアメリカの植民地になってしまう様な気がして背筋が寒くなります。管首相が「平成の開国」といって訳もわからない宣伝をしている事が、小泉元首相の郵政民営化改悪論が「バラ色の日本になる」と根拠もない宣伝をしていた事が重なります。

投稿: 日本 憂太郎 | 2011年3月10日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39177040

この記事へのトラックバック一覧です: TPP賛成の政府試算に重大なごまかしが発覚!:

« 牛肉市場開放で圧力強める米国=TPP絡めた揺さぶりも | トップページ | 日本の警察・検察・裁判所制度には重大な欠陥がある »