« リビアに数百人の軍事顧問団を送る米英仏 | トップページ | 金融村の崩壊へ? »

決断を迫られるアメリカ政府=進むも地獄、戻るも地獄

http://www.y-asakawa.com/Message2011-1/11-message22.htm

 アメリカ政府の財政危機が表面化しています。ここ二週間がヤマ場のようです。なんとかヤマは乗り越えられるでしょうが、そこから先は何の保証もありません。

 翻って日本も同じ様な危機に直面しているといえます。23年度予算は衆議院を通過して自然成立のめどが立っていますが、予算関連法案の方はどうなるか分かりません。

 日米とも同じような立場に立っていると言っても過言ではないでしょう。一体どうするんでしょうか。

 ここは思い切った施策なり方策を考えないと立ち行かなくなるのは目に見えています。

 ひょっとすると、これは貨幣経済、いや資本主義経済の破綻を示しているのかも知れません。

 この状況は、目の不自由な者が、足の効かない者をおぶって彷徨っているようなものです。

|

« リビアに数百人の軍事顧問団を送る米英仏 | トップページ | 金融村の崩壊へ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39079565

この記事へのトラックバック一覧です: 決断を迫られるアメリカ政府=進むも地獄、戻るも地獄:

« リビアに数百人の軍事顧問団を送る米英仏 | トップページ | 金融村の崩壊へ? »