« 後手後手にまわる原発事故対策と、進まぬ震災復興 | トップページ | 6号機の冷却機能回復! »

各国の緊急援助隊撤収へ

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110319/plt1103191509001-n1.htm

 豪州、米英仏の国々は既に救援活動を終え、撤収する事が決まっているようです。それはそれで仕方がありません。日本の現状を考えて見れば、要員をこれ以上放射能の危険に晒す訳には行かないというのは当然の判断です。それにしても、いまだ完全ではない被災地の現状を、日本政府はこれからどうするのでしょうか。

 今更、困った、と言って泣きついても時すでに遅し、です。まったく、菅内閣には呆れるばかりです。

|

« 後手後手にまわる原発事故対策と、進まぬ震災復興 | トップページ | 6号機の冷却機能回復! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 産経デジタル社が運営するニュースサイト「zakzak」の
「米“放射能パニック”隠蔽政府にヒラリー激怒「信用できない」」という3月18日の記事に、
ツイッターで「デマ!」「誰得?」という疑問の声が上がっている。

 「アメリカで反日感情が高まってる」という内容のこの記事に対して、
アメリカ在住の映画評論家、町山智浩氏が「この記事はひどいデマです。
在米の皆さん、そうですよね?」と呼びかけると、たちまち賛同の声が集まり、RT(リツイート)された。

 町山氏は「アメリカでは今、どこに行っても、こちらが日本人だと知ると
『家族や親戚は大丈夫?』と心配してくれます。」とツイート。
すると、フォロワーらから「デマ! 多くの人達が心痛めて祈ってくれている」
「ロンドンも同じく」「パリも同じく」と声が上がり始めた。

 さらに、「南アフリカでも」「オーストリアも」「インドも」「カタールでも」
「ハワイでも」「ソウルでも」「タイも」「イスラエル人も」「オランダでも」
「韓国でも」「トルコでも」「ジャカルタも」「上海でも」「台湾でも」
「スオミ(フィンランド)でも」「メキシコも」「エジプト人も」「ドイツでも」
「カナダも」「ブルガリア人も」「イタリアでも」「シリアも」などなど(もっと続き)、
世界各地の現地情報と思われるツイートが寄せられた。(続く)

ハリウッドニュース http://woman.infoseek.co.jp/news/celebrity/story.html?q=hollywood_19Mar2011_15568


投稿: kitayama | 2011年3月20日 (日) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39289001

この記事へのトラックバック一覧です: 各国の緊急援助隊撤収へ:

« 後手後手にまわる原発事故対策と、進まぬ震災復興 | トップページ | 6号機の冷却機能回復! »