« 参考)飯山一郎氏のブログから | トップページ | 原子力資料情報室の会見:3月14日 »

原発事故収束の可能性だが、三つの重大考察を欠落させてはならない!

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-7c39.html

 植草一秀氏が指摘している通りです。その上、東電や政府は3号炉がプルサーマル発電である事を完全に隠蔽しています。そもそも、原発が日本に持ち込まれた時点から遡って考え直さなくてはなりません。今回の福島原発の事故が半面教師になります。

|

« 参考)飯山一郎氏のブログから | トップページ | 原子力資料情報室の会見:3月14日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39298024

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故収束の可能性だが、三つの重大考察を欠落させてはならない!:

« 参考)飯山一郎氏のブログから | トップページ | 原子力資料情報室の会見:3月14日 »