« 福島原発事故は米スリーマイル超え、震災被害者は大幅増! | トップページ | 福島原発の1・2号機に放射能の高濃度水が! »

東京で黄色い雨が降ったという、それは花粉だというウソだ

http://blog.chemblog.oops.jp/?day=20110325

 我々は表面に見えるものとは異なる、遥かに深刻な危機に直面している、とこのブログの筆者は訴えています。まさにその通りですが、私は東京に降ったという黄色い粉の実物を直接は見ていません。もちろん、顕微鏡で覗いて、それが花粉であったか、なかったか、などとは分かりようがありません。

 しかし、この時期にして、チェルノブイリ事故で起ったような黄色い粉が降ったという事実は、偶然にしては出来過ぎた話です。深刻な原発事故で発生した核の汚染物質である、という可能性は否定できません。日本の政府当局者が隠蔽しているとしたら、とんでもない事です。

 この記事はそういう意味でも重要です。我々はこれ以上騙される訳には行かないのです。

 繰り返します。我々は深刻な原発の爆発という現実の事故に直面しているいるのです。どんな些細に見える事実が、後でとんでもない災禍になって降りかかってくるか知れたものではありません。

|

« 福島原発事故は米スリーマイル超え、震災被害者は大幅増! | トップページ | 福島原発の1・2号機に放射能の高濃度水が! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

その黄色い粉を顕微鏡で見た人はいないのでしょうか?
恐らく原発と関係有りますね
政府が本当の事を公開しないなら自分の身は自分で守るしかないですな
もし黄色い粉が放射性物質ならホント情けない国ですわ

投稿: | 2011年3月28日 (月) 17時39分

いつも記事を読ませていただいてます。私は福島原発から約200キロ離れた所に住む者です(50歳男性) 一昨日私もその黄色い粉を防寒着や直接顔にもたくさん浴びてました。入院中の母親にバイクで荷物を届ける途中急に降ってきた霙に当たり 乾いたとき付着していた黄色い粉を手で払ったりもしました。はじめは黄砂でも飛んできたかな、でももしかして?なんて思ったりもしましたが、テレビのニュースで花粉と知り少しほっとしてました?ところが、そのもしかして?だったとは参りましたね。今のところ自覚症状はありませんがハッハッハッ・・・。とにかく政府、マスゴミ(すべてとは言いませんが)の幼稚園児以下の馬鹿さにはあきれます。こんな奴らもう相手にする必要ない、早くどこにでも消えてしまえばいい。でも起こってしまったことは仕方ありません。ただ未だに稼動している日本国内の原発、世界の原発1日も早く稼動をやめてフリーエネルギーに変えていくこと、またそれを実行する力のある人々の出現を願います。今なら間に合うような気がします。

投稿: zzz | 2011年3月25日 (金) 23時13分

やっぱりそうですよね!
危うく騙されるところでした。

幾ら「安全」を 演出しようとも ドコカデ 嘘は必ずばれます。

投稿: れまこ | 2011年3月25日 (金) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39362742

この記事へのトラックバック一覧です: 東京で黄色い雨が降ったという、それは花粉だというウソだ:

« 福島原発事故は米スリーマイル超え、震災被害者は大幅増! | トップページ | 福島原発の1・2号機に放射能の高濃度水が! »