« 東電が09年に行った貞観地震(1100年ほど前)の解析結果の分析を店晒しにしていた! | トップページ | 福島第一原発2号機のたまり水で、通常の1000万倍の放射能 »

今日最後の記事です

 現在の日本を見ていると、なぜ日本はこうまで劣化してしまったのか、悲しくなります。昔の日本人は思いやりと仲間意識が強く、何かあるとみんなで力を合わせて協力して事に当たったものです。

 今から1100年も前の古記録を調べ直して、原発の安全対策を提言するなどはその最たるものです。

 どこの国に1100年も前の古い古い記録を調べ直して、現代に生かそうとする国がありますか。そんな良い国を、現在の為政者は無残にも踏みにじって国民をないがしろにしているのです。政府は恥を知るべきです。こんなに良い伝統が残っているのに、それをわざわざ無視して、何か良い事があるのでしょうか。まったく情けなくなります。

 私の嘆きは誰にも分かって貰えそうにありません。歴史は繰り返す、というのは時間の長短を言うのではありません。何年前の古い記録でも、人類が受けてきた苦難を記して余りあるのです。

 私が、昨日の昼の記事で、アトランティスとレムリアの事を書きましたが、これは夢物語や神話などではないのです。れっきとした真実です。表の歴史には忘れ去られて、記録には残されていませんが、真実なのです。だからこそ歴史は繰り返す、と言われるのです。

 現代の政治家を見ていると、余りにも利権に流されて、カネの事に我を忘れています。大部分の政治家がそうです。

 ここで、革命を起こさないと世界が壊れそうです。世界が壊れるか、黄金時代が到来するか、今はその分岐点なのです。特定の政治家がそうだというのではありません。誰もが我が身良しの気風なのです。今こそ、我々庶民は立ち上がるべきです。いいえ、武器を持って、とは言いません。武器ではなく、自分自身の確たる眼を持て、と言いたいのです。

 騙されてはいけません。マスコミは騙しの天才です。評論家や学者は自分の立場のみを気にかけています。彼らは我が身良しの典型です。ですから皆さんはどうか目覚めて下さい。そして自分の眼でしっかりと現実を見て欲しいのです。そうすれば、必ず新しい黄金時代が到来します。私はそれだけが楽しみなのです!

|

« 東電が09年に行った貞観地震(1100年ほど前)の解析結果の分析を店晒しにしていた! | トップページ | 福島第一原発2号機のたまり水で、通常の1000万倍の放射能 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39380811

この記事へのトラックバック一覧です: 今日最後の記事です:

« 東電が09年に行った貞観地震(1100年ほど前)の解析結果の分析を店晒しにしていた! | トップページ | 福島第一原発2号機のたまり水で、通常の1000万倍の放射能 »