« 国民の安全を考えていない原子力安全保安院の欺瞞 | トップページ | 福島原発事故は米スリーマイル超え、震災被害者は大幅増! »

菅首相は原子力の事を本当に知っているのか

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/03/post_f940.html

 私はこの記事を読んで納得しました。なんで今まで民主党内で震災対策がモタモタしているのか、疑問に思っていたからです。菅首相は完全に狂っています。その上、自分は優秀な人間なんだ、と奢り切っています。これでは手が付けられません。

 真に優れた学者や科学者は謙虚なものです。それは、学問・知識の限界をよく知っているから、当然のごとく謙虚にならざるを得ないのです。傲慢になり、自分以上に事情に詳しい者はいない、というような態度を取る事自体が一流ではなく、三流以下のクズ人間である事を示して余りあります。

 この記事の筆者、平野貞夫氏がこれほどの策を既に練って、用意していた事は、民主党内にも分かった人物がいるという事です。残念ながら、菅首相はそれを生かせませんでした。それを生かせるだけの人間の器量がなかったのです。

 これは日本の不幸です。こんな人物が時の総理大臣の椅子に座っている事自体が不都合です。

 しかし、今からでも決して遅くはありません。真の挙国一致内閣を編成し、真の国難に対処する手立てを講ずべきです。

|

« 国民の安全を考えていない原子力安全保安院の欺瞞 | トップページ | 福島原発事故は米スリーマイル超え、震災被害者は大幅増! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39355561

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相は原子力の事を本当に知っているのか:

« 国民の安全を考えていない原子力安全保安院の欺瞞 | トップページ | 福島原発事故は米スリーマイル超え、震災被害者は大幅増! »