« 礼儀正しい被災者に感銘、米軍救援隊員 | トップページ | 福島第一原発20キロ圏内を警戒区域に指定 »

日本の政治は完全に機能不全に陥っている!

 もう我慢ができません。日本の政治は、いま完全に機能不全に陥っています。

 まず第一に、国民新党と民主党との連立にひびが入りそうです。理由は国民新党がかねてから民主党に申し入れていた、郵政改革法案の審議入りを、民主党の意向によりご破算にされそうだからです。

 第二に、みんなの党が代わりに連立政権に入るという思惑も浮上していますが、いま、みんなの党が民主党との連立に加わるとなると、一気に国民の支持を失う事になり、統一地方選での敗北まで決定的になる恐れがあります。みんなの党がそんな危険を犯すとは思えません。

 第三に、民主党内の反主流派が小沢氏の決起によって菅政権の打倒に立ち上がる可能性があります。いま、小沢氏は東北・関東大震災の大災害の休戦期だと見て、表立った政局的動きを控えていますが、もう猶予が出来ない、と見たら、いつでも動き出せると見ています。つまり、菅内閣打倒です。

 また、大局的に見て、いま、日本は究極の国難に直面している、と見なければなりません。菅内閣は身動きが取れなくなって、にっちもさっちも行かなくなって立ち往生している様は、見るに堪えない状況です。

 こうなれば、直ちに行動を起こして、まず参議院で、菅内閣の問責決議案を提出、次いで、衆議院で内閣不信任案を提出すべきです。そうすれば、可決は可能でしょう。民主党内は真っ二つに割れ、自民党が菅内閣に同調して内閣不信任案に反対する事は考えられません。もし、自民党が菅内閣不信任案に反対するようなら自民党も真っ二つに割れる可能性があります。この際、衆議院も参議院も院内で多数派工作が行われ、大波乱に陥る可能性がありますから、両院とも議事は迅速に行うべきです。

 公明党も同様です。みんなの党も同調するでしょう。そうすれば、不信任案可決です。

 では、菅氏は、伝家の宝刀を持ち出して、衆議院を解散するか、総辞職をするかしか手が無くなります。今の時期、解散は、民主党の壊滅を意味しますから、民主党内の総意によって菅内閣の総辞職、内閣の組み替えが行われるかも知れません。

 それとも、菅氏によるヤケクソ解散があるかも知れませんが、そうなれば、この時期に国民の非難は最高潮に高まり、民主党は更なる大惨敗を喫するでしょう。いずれにしても、大波乱は避けようがありません。

 もう一つ、注意しておく事項があります。それは、福島第一原発の大爆発です。いま、この原発は危機一髪の綱渡り情況に陥っています。もしそうなれば、選挙どころではなくなります。しかし、手はあります。その時こそ救国・挙国一致内閣を編成するのです。首班に誰を選出するかで、揉める事が考えられますが、こんな時に纏まらないで揉めるようでは誰にも政治家の資格はありません。

 そうでもしなければ、今の日本の情況を救う手立てはありません。この通り行くとはもちろん言えませんが、可能性だけはあるような気がします。要は、菅氏を罷免して、救国・挙国一致内閣を組織する事です。総選挙はその後でも良いと思います。そうでもしなければ、この国は立ち直れません。

 世界は、アメリカ、イギリス、ロシア、中国を含めて日本の国内情勢を固唾を飲んで見守っています。また、日本の動向が世界の命運を決めるとも言えるでしょう。日本の危機は、同時に世界の危機でもあるのです。

 原発が爆発するという大危機の際は、得てして国家が滅びるという大波乱が起きる可能性があります。かのソ連帝国は、チェルノブイリ原発の大爆発によって結局国が滅びました。この事は誰もが見逃しています。

|

« 礼儀正しい被災者に感銘、米軍救援隊員 | トップページ | 福島第一原発20キロ圏内を警戒区域に指定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39428403

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の政治は完全に機能不全に陥っている!:

« 礼儀正しい被災者に感銘、米軍救援隊員 | トップページ | 福島第一原発20キロ圏内を警戒区域に指定 »