« 3号機、黒煙を噴く | トップページ | 原子力保安院の大ウソ »

絶望していないのかって?

 もちろん、絶望していますよ。こんなに政治家や官僚が腐り切っている上に、無能であり、経済的問題も一向に改善しません。

 ETさんたちが実在する、と言われても、はいそうですか、と無邪気に喜んでばかりは居られません。日本は原発がいつ爆発するか知れないのです。呑気に宇宙からの助けが来る筈だとは、安易に信じる訳には行きません。

 天は自ら助けるものを助ける、とはよく言われる喩えですが、宇宙の掟にもそういうのがあるようです。だからこそ、私は必死の思いでブログを書き続けているのです。ひょっとして、宇宙人もこのブログを読んで呉れているのではないかと、淡い期待を持って。

 奇蹟を信じたい気持はあります。現に、福島原発も、今にもメルトダウンを起こし、空中高く爆風を吹き上げて爆発し、高濃度の放射能を噴きあげるかも知れないのです。それを阻止してくれているのは善意の宇宙人であるのかも知れません。

 しかし、それには確信がないのです。我々は、自ら自分の身を救う努力をしなければならないのです。彼ら50人の福島原発で献身的に消火作業を行っている人達の雄姿はまさに英雄そのものです。

 敢え無く、彼らの決死の努力も水泡に帰するかも知れません。もしそうなれば、我々は誰が救うのですか。だからこそ、神に祈るしかないのかも知れません。

 そこで、宇宙人たちが存在していて、必ず救ってくれる筈だ、と思いたいのは、山々なのですが、繰り返しますが、その確信がないのです。耐えて待つしかありません。

|

« 3号機、黒煙を噴く | トップページ | 原子力保安院の大ウソ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「じきにETがやって来て人類を救ってくれる」という考えは、
「安全な所で利権をむさぼる輩」にとって「思うつぼ」でしょう!

彼らにとって一般の市民が「自分の意志」で行動し始めることこそが
最も避けなければならない事です。
ETは自主性(自分の意志による覚醒)こそ価値ある物と思っているはずです。

投稿: 石川シゲル | 2011年3月23日 (水) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39343626

この記事へのトラックバック一覧です: 絶望していないのかって?:

« 3号機、黒煙を噴く | トップページ | 原子力保安院の大ウソ »