« 民主党政権は福島第一原発に損害賠償保険を掛けていなかった! | トップページ | 自動車業界、計画停電回避のため、操業の輪番制を導入か »

国民の安全を考えていない原子力安全保安院

http://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2011-03-24-1

 このブログ記事に出ている中部大学の武田邦彦教授の動画を良く見て下さい。原子力安全保安院がどんな性格の国家機関か良く分かります。そして、これを皆さんで拡散してください。お願いします。

|

« 民主党政権は福島第一原発に損害賠償保険を掛けていなかった! | トップページ | 自動車業界、計画停電回避のため、操業の輪番制を導入か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

昨日、やっとテレビ放送で「原子力・保安院」から放射能漏れの事実の報告があしました。今頃、放射能が漏れたと発表して貰わなくても、日本国民は早くから解っていますね。それを証拠に東の国道に、早くから福島・岩手・茨城方面から車で避難している人達の車が国道にあふれていました。ブログ(武田邦彦氏)の動画で知りましたが、そもそも「原子力・保安院」と言う組織は、既存組織の原子力安全対策委員会や推進委員会が原発建設に慎重に検討を重ね過ぎる?ので時間がかかって建設が進まない、と言う事で旧建設省の直轄組織として作られたらしです。政府・官僚が原発を作りたくなると、そこを使えば手足になって、さっさと原発建設ができる、原子力利権の権力者にとって非常に都合の
良い組織なのです。当然、既存の組織は有名無実の立場に追いやられてしまっているとの事。
「原子力・保安院」と言えば「放射線を保安」してくれるのかと思えば大違い。
危険で無計画極まりない利権誘導の為の原発建設の工事をスムーズにやり易くするだけのものなのだったのです。「魑魅魍魎の輩」と言うのはまさしくこういう連中の事なのでしょうね。
テレビ・新聞等、マスコミは絶対にこのような真実を報道しません。
あまりこんな事で腹を立てるのはアホらしくなってきました.
しかし、深刻な問題には違いありませんね!

投稿: 日本 憂太郎 | 2011年3月26日 (土) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39377908

この記事へのトラックバック一覧です: 国民の安全を考えていない原子力安全保安院:

« 民主党政権は福島第一原発に損害賠償保険を掛けていなかった! | トップページ | 自動車業界、計画停電回避のため、操業の輪番制を導入か »