« 福島第一原発2号機のたまり水で、通常の1000万倍の放射能 | トップページ | この惨状を見よ! »

犠牲者は2万7千人余り、今回の震災!

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011032701000020.html

 この数字は現時点でのものです。これからさらに調査が進み、住民からの報告がまとまるにつれて、その数字が膨大なものに膨れ上がる可能性が高いです。

 さらに付け加えれば、原発爆発に伴う犠牲者や、放射能被害も計算に入れなければならず、その数字が一体幾らになるのか想像も付きません。まさに未曾有の災害規模です。

 現場は遺体収容さえままならず、腐敗した遺体の火葬を諦めて、土葬も止むを得ないと決めたそうです。まるで、地獄の様相を呈しています。これで第二次大戦以来の災害規模だ、と良く言えたものです。広島・長崎の原爆被災に匹敵し、さらに増加する可能性があります。(戦死者は、ある意味で覚悟の上の死亡ですが、このような突発的な災害での死亡は、突然襲うものであり、より悲惨です)

 この状況を、ボランティア頼みにする政府は何を考えているのでしょうか。ボランティアはあくまでも民間レベルの奉仕であり、国家公務員、自衛隊組織を総動員し、場合によったら、ボランティアを一時公務員に徴用し、ちゃんと賃金を払って仕事をして貰うくらいの考えを持った方が賢明です。そうでないと、この惨状は復旧も収拾も不可能です。ボランティア参加者の疲労は極限に達している事でしょう。これこそ、費用が幾ら不足しても、国の負担で行うべきです。

 特別な税を徴収するなどという姑息な考えは撤回するべきです。今は非常時なのです。

|

« 福島第一原発2号機のたまり水で、通常の1000万倍の放射能 | トップページ | この惨状を見よ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39386484

この記事へのトラックバック一覧です: 犠牲者は2万7千人余り、今回の震災!:

« 福島第一原発2号機のたまり水で、通常の1000万倍の放射能 | トップページ | この惨状を見よ! »