« エジプト対イスラエル、その民衆革命の背後に存在するもの | トップページ | 中国上空に希望の声を ラジオ局放送を拡大 »

内線化するリビアに軍事介入するアメリカ

内戦化するリビアに米軍が侵攻する?
 【2011年3月1日】 米政府は財政難だ。米議会では防衛予算も削れという意見が出ている。オバマら政権中枢の人々は、米軍をリビアに介入させたくない。米軍はリビア沖に展開を開始したが、リビアから避難する人々を支援するのが主眼で、米軍のリビア侵攻を意味しないと報じられている。しかし、防衛予算の削減に抵抗している軍事産業など軍産複合体にとっては、米軍がリビアに侵攻せざるを得なくなり、その関係で予算削減が棚上げされ、防衛費の増加が続くのが望ましい。軍産複合体の系列の政治家である共和党のマケイン上院議員らは、オバマ政権に対し、米国がリビアの反政府勢力に武器を供給すべきだと言い出している。

 この記述は、国際ニュース解説の専門家田中宇氏の無料部分からの引用です。この記事の全部は有料のため引用する事ができませんが、ご覧になりたい方はぜひ有料記事の購読申し込みを行ってください。

 この部分だけで判断すると、オバマ大統領は板挟みになっているようです。オバマ自身は軍事介入は消極的ですが、軍産複合体は積極的に介入して戦争になるのを助長しているようです。つまり内戦化です。これによって武器を売り、戦費を稼ぎ、戦争を北アフリカのみならず全世界に広げようと画策しているようです。共和党のマケインがその先頭を切っています。

 しかし、世界の世論はアメリカの軍事介入を望んではいません。アメリカの冷静な市民もそうです。つまり、CIAを中心とした闇の勢力は戦争によってアメリカ経済を復活させようと目論んでいるのです。

|

« エジプト対イスラエル、その民衆革命の背後に存在するもの | トップページ | 中国上空に希望の声を ラジオ局放送を拡大 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39063048

この記事へのトラックバック一覧です: 内線化するリビアに軍事介入するアメリカ:

« エジプト対イスラエル、その民衆革命の背後に存在するもの | トップページ | 中国上空に希望の声を ラジオ局放送を拡大 »