« アルゼンチンでは既存マスメディアの解体が法律で決まった | トップページ | リビアの反政府デモ、厚い壁に阻まれ難航も »

財務省が「財政危機」と連呼しているのはトリックに過ぎない

http://alcyone.seesaa.net/article/186853709.html

 こんな事は今更のように言われなくても分かり切った事ですが、日本の大メディアは財務省の言いなりなって情報を垂れ流しにしています。まさに大本営発表です。日本の役所で最も力を持っているのは財務省ですから仕方がないところです。

 しかし、IMFにしても世界銀行にしても、日本の財務省関係者が沢山出向しています。いま問題になっているTPPにしても内容は財務省や外務省がずっと以前から問題点を承知していた筈です。

 それを菅総理が政権の座に就くと、途端に、平成の開国だ、と称して国をアメリカに売り渡すような政策を、まことしやかに唱え出しました。可笑しいとは思われませんか。マスゴミはこれに追随する形で一斉にTPP礼賛の論調を言い出しました。

 財務省の「財政危機」なる話も同列です。日本の財政危機が言われ出すと途端にIMFからそれを裏付けする資料が出されます。これはウラでIMFに出向している財務官僚が動いているからです。もちろん、日本は財政危機などではありません。経済学者の菊池英博氏は2005年に「増税が日本を破壊する」と題して、本当は日本は財政危機ではないこれだけの理由、として、いま日本経済に必要なのは積極的な減税と公共投資だ、との論陣を張っています。名古屋市と愛知県の選挙で河村氏や大村氏が大勝利したのは決して偶然ではないのです。

 今更のように財務省が「財政危機ではない」と言ったところで、誰も信じはしません。出来レースです。彼らはそれを分かっていて言っているに過ぎないのです。

 財務省が言っているのは、財務省利権のためのトリックに過ぎないのです。それを広めているのは、財務官僚の息の懸かった経済評論家やマスゴミです。

 一時期官房機密費問題が表面に出ましたが、今では立ち消えになり、マスゴミの誰からも口にされなくなりました。彼らは事実を知っているのです。財政危機がウソである事を。その一番の宣伝を買って出ているのはマスゴミの経済記者たちです。そこに莫大な官房機密費が使われているからです。日本は腐っていて、もはや末期的症状です。大相撲の八百長や菅内閣の末期的症状などは取るに足らない瑣末な問題です。

 本当に末期的症状なのは財務省を始めとする外務、防衛などの高級官僚たちの腐敗です。真の権力者は政治家ではなく、蔭に隠れて日本を食い物にしている官僚組織です。彼らの後ろにはアメリカのCIAを始めとする「闇の権力者たち」が存在しているのです。

 これらは典型的な言論操作です。

|

« アルゼンチンでは既存マスメディアの解体が法律で決まった | トップページ | リビアの反政府デモ、厚い壁に阻まれ難航も »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

誠にそのとおり ただ、この国は官僚がいないと動かないいうことがあります

政治家では中身がわかりにくくなっているのかもしれませんし

日本でもムバラクのように自分のスイス預金を安全に移し替えるまで時間稼ぎで

演説する政治家が現れるとも限らないのです

自分たちを非課税にしてもらいたくて増税支持する新聞社・・あきれます

国民はカモなんでしょうか?

投稿: すぎもとたかふみ | 2011年2月20日 (日) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38944527

この記事へのトラックバック一覧です: 財務省が「財政危機」と連呼しているのはトリックに過ぎない:

« アルゼンチンでは既存マスメディアの解体が法律で決まった | トップページ | リビアの反政府デモ、厚い壁に阻まれ難航も »