« 先ほど私のブログが300万アクセスを超えました! | トップページ | 放置してはならない日経新聞の偏向記事 »

笠原多見子衆議院議員、民主党新会派の幹事長会見

http://iwakamiyasumi.com/archives/6773

 民主党が分裂含みで党内新会派を結成しました。これについて、一部マスメディアは批判的見解を取っています。しかし、会見に応じた笠原多見子幹事長は、意外にもはっきりとした見解を述べました。マスメディアはこれらの内容をまったく報じていません。

 短い時間ですが、これをユーストリームで報じた岩上安身氏の先見の明と、思い切った取材に対して拍手を贈りたいと思います。いままで、マスメディアがまったく報じて来なかった、衆議院の比例単独当選者がどういう思いで国会に臨んでいるのかが良く分かる会見です。これなら、衆議院の比例単独当選者の存在の意味が良く分かります。

 既存マスメディアは、大いに反省すべきです。比例単独当選者といえども、当選すればれっきとした衆議院議員です。何処かの誰かのように、無所属になって、官職を渉猟するような議員とはまったく根性が違います。これでこそ比例選出議員の意味があるというものです。

 菅内閣はこの議員たちを無視するような形で、起立要因としてしか考えて来ませんでした。これは、投票に際してこの人たちを選んだ選挙民に対する侮辱とも冒涜とも言えるものです。今回、こういう形で彼らが立ち上がったという事は、新しい政治家の誕生であり、新しい政治の在り方を指し示すものです。既存マスメディアがいかに旧来の枠組みに囚われているかを示す典型です。政治は嫌でも新しい形に変わっているのです。

 これから彼らの動きに注目が集まるでしょう。

|

« 先ほど私のブログが300万アクセスを超えました! | トップページ | 放置してはならない日経新聞の偏向記事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38915001

この記事へのトラックバック一覧です: 笠原多見子衆議院議員、民主党新会派の幹事長会見:

« 先ほど私のブログが300万アクセスを超えました! | トップページ | 放置してはならない日経新聞の偏向記事 »