« シャウベルガー、水の性質について | トップページ | 民主党のマニフェスト変更について »

植草一秀著「日本の独立」が手に入らない!

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-6c39.html

 私の住んでいる都市は、地方では比較的有力な街です。しかし、ここではこの本が手に入りません。以前の植草氏の本も、何年かしてやっと売り場に見られるようになりました。しかし、その頃には、インパクトはありませんでした。

 本の販売はあるルートに従って配本されているようですが、本屋によって置いてない本があるなど不可解です。特に体制に疎い地方都市のような場合、それが顕著です。

 こんな事をやっていたら、不況が深刻な状況にある出版業界のますますの落ち込みが懸念されます。政府は関与していない筈ですが、こんな事をまさかやっていたら、日本の将来はありません。大手広告会社の電通も酷い事をやっているらしいですが、結局は自ら自分の手で首を絞めている事と同じです。

 ニッパンも東販も直ちにこんな事は止めて、正常にどんな本でも販売ルートに乗せるべきです。やる事がこせこせして小さすぎます。

|

« シャウベルガー、水の性質について | トップページ | 民主党のマニフェスト変更について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

植草氏の本は私の町の本屋の店頭にはありませんでした。「売国者達の末路」やこの度出版の「日本の独立」も書店で客注扱いで予約注文で買いました。
昔映画で「八甲田山死の彷徨」の映画が反響を呼びました。ビデオでもう一度見たいと思いましたが、当地の何軒かのビデオレンタルショップの店頭からすぐになくなったように思います。同映画の撮影の時に執拗に自衛隊機の妨害があったと聞きましたが、おそらく何らかの圧力があったのでは…植草氏の本も同様ではないでしょうか。

投稿: 西脇市の高齢者 | 2011年1月10日 (月) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38389026

この記事へのトラックバック一覧です: 植草一秀著「日本の独立」が手に入らない!:

« シャウベルガー、水の性質について | トップページ | 民主党のマニフェスト変更について »