« 国民の生活が第一、というスローガンが消された訳! | トップページ | 小沢氏、「公約修正なら国民に信を問い直すべき重大問題である」 »

チュニジア情報のその後

 チュニジアは前政権崩壊後も不安定な状況が続いているようです。しかも、この動きは他国にも波及しそうです。

 チュニジアはイスラム政権でしたが、親欧米でした。しかし、今後は中露寄りにシフトし、中南米諸国などと近づき、覇権の衰退が著しい米英とは一線を画する政権に転じるという情報が流れています。

 いずれにしても、従来のイスラム系独裁政治は今後影をひそめ、新しい勢力に形を変えて世界の新興勢力にのし上がってくるような可能性があります。この情報の一部は田中宇氏のツイッタ―から得ました。

|

« 国民の生活が第一、というスローガンが消された訳! | トップページ | 小沢氏、「公約修正なら国民に信を問い直すべき重大問題である」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38491242

この記事へのトラックバック一覧です: チュニジア情報のその後:

« 国民の生活が第一、というスローガンが消された訳! | トップページ | 小沢氏、「公約修正なら国民に信を問い直すべき重大問題である」 »