« 菅首相の施政方針演説の評価 | トップページ | 朝日新聞がCIAの手先である、というのは本当です! »

日銀法改正の是非を問う

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110125/plt1101251552003-n1.htm

 今の民主党の政策はデフレ是認政策です。こんな事をしていては日本経済はますます泥沼に入ってしまします。

 しかし、世の中には別な正当な意見を持っている人もいるのです。1913年にアメリカの中央銀行たるFRBば創設されましたが、その前にアメリカ建国の困難な時期を乗り越えた人々は、「中央銀行を作ると国民は貧乏になる」と知っていたのです。

 いま、日本やイギリスで中央銀行制度を見直そうという動きが始まっています。その事をもっと多くの人が知るべきです。そして、貨幣や紙幣とは何か、国の借金とは国民の資産である、という言わば逆説的なものの見方も認識すべきです。

|

« 菅首相の施政方針演説の評価 | トップページ | 朝日新聞がCIAの手先である、というのは本当です! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そういう動きがあるのですか?医療、年金、介護など待ったなしですね。

投稿: | 2011年1月25日 (火) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38605228

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀法改正の是非を問う:

« 菅首相の施政方針演説の評価 | トップページ | 朝日新聞がCIAの手先である、というのは本当です! »