« ネットによる市民革命は止まらない | トップページ | エジプトのイスラエル大使館員が撤退 »

菅首相は市民運動家上がりだと言うが…

http://alcyone.seesaa.net/article/183155161.html

 このエジプトの騒乱はまさに市民運動の総決算のようなものです。そこで菅首相がどういう事を言ったのかはあまり興味がありません。なぜなら、首相は市民運動家の仮面を被っているだけで、本当の市民運動家とはとても言えないからです。

 そこで、重大な事を指摘しておきます。今回のエジプトの騒乱は抑圧され搾取された市民の怒りが頂点に達したからであり、その原因は極端にアメリカ追従に走ったムバラク政権とその腐敗が大きな原因である、という事です。

 日本も従来からアメリカ追従政策を取って来ており、いまや菅政権はそれしか頭にないかのようですが、その結果が何をもたらす事になるのかを今後よく頭に入れて置くべきです。やがて、アメリカは世界の覇権を失い、世界の二等国以下に落ち込むでしょう。既にその兆候を表し始めています。何が世界の警察官ですか。聞いて呆れます。

 日本はいまこそアメリカ従属政策を改め、日本独自の外交政策を追求するべきです。アメリカにすべてを吸い尽くされる前に! しかしその覚悟が菅首相にあるとは到底思えません。市民に自制を促す発言も良いでしょう。が、その前に、市民運動家上がりなら、エジプト国民がどれだけ抑圧され搾取され続けてきたかに思いを巡らし、市民感情を考慮すべきです。それは日本国民に対する施策を見直す事でもあります。ダボス会議なんかに出席して何の得るところがあったのでしょうか。自らの政治姿勢を振り返るべきです。

 菅首相、あなたの言葉は軽過ぎ、市民感情を甘く見過ぎています。

|

« ネットによる市民革命は止まらない | トップページ | エジプトのイスラエル大使館員が撤退 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38667045

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相は市民運動家上がりだと言うが…:

« ネットによる市民革命は止まらない | トップページ | エジプトのイスラエル大使館員が撤退 »