« 小沢一郎氏の強制起訴 | トップページ | エジプト国内では現在93%のインターネット回線が遮断されている »

大河原宗平氏のインタビュー記事を再掲します

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/01/iwakamiyasumi-0.html

 このインタビューに付いては以前に掲載しました。しかし、今日阿久根市の市議会の解散再選挙の是非を問う住民投票が公示されたことから、皆さんの意識を再確認するために再掲しました。

 日本の検察、警察、裁判所の不正疑惑は目に余るものがあります。鹿児島県の一地方都市で行われている市議会、市役所職員、市長等とのバトルは重要な問題を含んでいます。その際、副市長に抜擢された仙波敏郎氏、総務課長に抜擢された元群馬県警の大河原宗平氏がどのような人物であり、どのような経緯で遠く鹿児島県阿久根市まで出かけて行ったのか、その辺の事情を再認識してほしいのです。

 おりしも、今日小沢一郎氏が強制起訴されました。裁判の過程では色々あるでしょうが、小沢氏の無罪は確定的です。その背景にあるのは、警察、検察、裁判所の三つの組織的犯罪です。警察も検察も裁判所も犯罪を防止し裁く役割を担っている組織の筈です。その組織が、事もあろうに犯罪に手を染めている事に日本の歪みが厳として存在しています。その中心がカネという腐ったものです。カネが諸悪の根源なのです。

|

« 小沢一郎氏の強制起訴 | トップページ | エジプト国内では現在93%のインターネット回線が遮断されている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38682426

この記事へのトラックバック一覧です: 大河原宗平氏のインタビュー記事を再掲します:

« 小沢一郎氏の強制起訴 | トップページ | エジプト国内では現在93%のインターネット回線が遮断されている »