« シャウベルガー、水の魔術師 | トップページ | 再び日本海側に降雪の恐れ! »

民主党の地方組織がガタガタになり始めた!

http://alcyone.seesaa.net/article/179846210.html

 国も地方も、組織が崩壊する時は末端から綻び始めるものです。ことほど左様に民主党もついに地方組織がガタガタになり始めました。中央にいると、末端の動きや心理が見えないものです。自民党がおかしくなり始めた時も同じ現象が起きています。この時は全国の自治体が合併や吸収によって大幅にその数を減らし、結果として地方議員の生活の場が無くなり、必然的に衰退していったのです。

 今回は、平成の大合併は終わっていますが、一部で刺客候補を立てるとか、執拗な小沢降ろしに嫌気がさし、かつ総理を始めとする一部の幹部が、一昨年夏の政権交代を果たしたマニフェストを、事もあろうに見直すと表明したため、末端の地方組織が反旗を翻したり、ガタガタになり始めています。もう民主党の将来はあり得ません。

 ここまで来ているのに、中央の幹部連中は何も感じていないようです。いま民主党が再起し、政権を本当に維持しようと思うのなら、直ちに菅内閣を交代させ、国民第一の選挙公約を掲げて統一地方選挙に臨むべきです。総辞職できないのなら、解散総選挙ですが、そうすると今の民主党の支持率や世論の動向では、民主党が衆議院で過半数を割る事は確実で、二度と一昨年夏のような政権交代はあり得ないでしょう。直ちに、アメリカ一辺倒の隷属政策を改めないと、取り返しのつかない結果になります。

 ここは、総辞職して新たな党首を選び、党勢を立て直してから、来るべき総選挙や参議院選に臨むべきです。統一地方選も同じ事です。刺客候補を立てるなど、もっての外です。小泉内閣がやった事は、結局自民党をぶっ壊し、野党に転落させたのです。同じ事を菅内閣はやろうとしています。これは、即ち、自滅・自壊を意味しています。

|

« シャウベルガー、水の魔術師 | トップページ | 再び日本海側に降雪の恐れ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38406910

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の地方組織がガタガタになり始めた!:

« シャウベルガー、水の魔術師 | トップページ | 再び日本海側に降雪の恐れ! »