« 小沢氏排除の理論的根拠 | トップページ | 強毒性鳥インフルエンザH5N1型ウィルスが日本全国で発生しています »

与謝野経財相の年金受給年齢の引き上げ論にモノ申す!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110121-00000115-mai-pol

 バカを言っちゃあいけません。この根底にある議論は人生90年時代という事ですが、平均寿命(正しくは平均余命です)が90歳になるのが何時の事だか分かりますか。いま平均余命の伸びが止まっているのです。それをれっきとした政府のお偉方(重要閣僚)が平気でいうのですから呆れてものも言えません。平均余命がこれまで延びてきたのは決して政府の政策のせいではありません。国民の弛みない健康志向の力によるものです。つまり、平均余命が伸びつつあったのは様々な要因によるものです。

 確かに年金財政は逼迫しています。その一因は、アメリカに過度な資金援助をし、企業減税を行っているためです。特に消費税の戻し税などという不公平な税制のお陰で、いかに国民の厳しい家計を圧迫しているか、現民主党幹部は分かっているのでしょうか。それなら、アメリカへの思いやり予算や大企業への減税は直ちに止めるべきです。そうして経済を成長させ、雇用を増やすべきです。それを一つもやらずに口先だけで「雇用、雇用」と言ってみたところで空念仏に過ぎません。

 今は民間は需要が減退して利潤が減っています。それに伴って国民の年収も減少しているのです。これは増税する割にGDPを始めとする国内生産が減少しているためです。民間の需要が落ち込んでいる時には官が需要を起こさなければなりません。つまり景気刺激策です。それは公共事業の実施です。公共事業は単に支出するだけではありません。その何倍も国の財政に返ってくるのです。これを投資効果と言います。そして税収が増え雇用が増大するのです。口先だけで雇用が増える訳では決してないのです。

 軽々しく年金受給年齢の引き上げなどと言って欲しくありません。それもまだ到達もしていない遥か先の架空の話しを持ち出して議論するなどもっての外です。

 詐欺的話しはいい加減にして貰いたいものです。そうでなくとも現民主党政権は国民に約束したマニフェストを次々とご破算にして、詐欺的内閣と言われているのです。増税と社会保障費の削減に腐心しているのですから。それを言うのなら、企業減税など実施すべきではありません。

 与謝野氏を他の野党が批判する中で経済財政担当大臣に起用する意味は何処にあったのでしょうか。こういう事を言い出す前にもっとやる事が他にあるでしょう。まったく菅政権はどうしようもない無能政権です。

 早く総辞職なり解散をして、政治を国民に返上すべきです。これ以上国民をバカにしてはいけません。騙すのも程があります。

|

« 小沢氏排除の理論的根拠 | トップページ | 強毒性鳥インフルエンザH5N1型ウィルスが日本全国で発生しています »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38570984

この記事へのトラックバック一覧です: 与謝野経財相の年金受給年齢の引き上げ論にモノ申す!:

« 小沢氏排除の理論的根拠 | トップページ | 強毒性鳥インフルエンザH5N1型ウィルスが日本全国で発生しています »