« エジプト国内では現在93%のインターネット回線が遮断されている | トップページ | ムバラク大統領の退陣は時間の問題 »

アメリカ内戦の可能性=週刊ポスト2月4日号より

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110130-00000000-pseven-int

 アメリカのカリフォルニア州に内戦の可能性がある、と言います。これは軍産複合体による最後の賭けのようです。

 しかし、こんな事は時既に遅しの感があり、起り得ない、と私は見ています。少なくとも現在起きているエジプトの反政府デモのように、国民の意識の目覚めは凄まじく、たとえ地球のどんな辺鄙なところでも、インターネット網により情報はあっという間に伝わる可能性があるのです。それを認識していないのは、一部の支配層か庶民の意識向上を認めていない階層のみです。

 一人ひとりの意識の拡大は見た目以上に高く、かつ強烈で、目覚ましい勢いで起っています。真の人類の夜明けは近いというべきです。

|

« エジプト国内では現在93%のインターネット回線が遮断されている | トップページ | ムバラク大統領の退陣は時間の問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38686985

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ内戦の可能性=週刊ポスト2月4日号より:

« エジプト国内では現在93%のインターネット回線が遮断されている | トップページ | ムバラク大統領の退陣は時間の問題 »