« 菅内閣の後ろには誰がいるのか | トップページ | 公務員の異常な世界 »

ハイチ大地震から一年

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-cf0b.html

 日本ではちょうど阪神淡路大震災から1月17日で16年が経過しました。しかし、昨年のハイチ大地震からたった一年しか経過していないのに、多くの人はハイチの実情を既に忘れたかに見えます。

 この記事をつぶさに読んでみますと、超大国アメリカの対応がいかにお粗末かよく分かります。アメリカは世界の警察官だと自惚れていますが、何が警察官ですか。オバマ大統領といえども、このお粗末な支援には何の言い訳も出来ない筈です。

 もう一度、我々も支援体制を考え直して、ハイチへの強力な支援を考えたらどうでしょうか。民主党菅政権も、ただアメリカの言うなりでは何の値打もありません。国際協力は相手がアメリカではない筈です。菅直人首相も、国会をサボってまでダボス会議に出席する時間があるのなら、いっそのことハイチへでも飛んで行ったらどうですか。

|

« 菅内閣の後ろには誰がいるのか | トップページ | 公務員の異常な世界 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38537162

この記事へのトラックバック一覧です: ハイチ大地震から一年:

« 菅内閣の後ろには誰がいるのか | トップページ | 公務員の異常な世界 »