« 菅内閣、支持率低下に歯止めがかからず! | トップページ | 鳩山前首相、一院制導入のための試案を発表 »

法人税引き下げでも雇用や設備投資は約束できない=経団連会長

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-101213X885.html

 この経団連会長の発言は、企業が人間としての発想を欠いているとしか思われません。金儲けが第一の、人間以下の発想です。まったく許し難い言葉です。企業は一体誰に支えられているのでしょうか。庶民が消費をするから企業として成り立っているのであって、欧米ではその辺は企業の社会貢献として国民が目を光らせています。また、そうする事が企業の義務である、とさえ思われているのです。

 特に、法人税を引き下げて貰うのですから、その分、社会に還元する、とウソでも良いから発言するのが筋です。こういう企業経営者がいるから日本の世の中は良くならないのです。いまや、大企業はほとんどが多国籍であり、特に大銀行はアメリカ資本が大量に入っています。ロックフェラーなどは三菱ひとつを丸ごと買い上げてもびくともしないのです。事実、そうして日本をコントロールして来ました。三角合併が本格的に導入されれば、日本に生き残る国民企業はほとんどないでしょう。いや、既にそうなっているのです。

 新しい、来るべき“黄金時代”の到来は、多国籍企業の存在や、資本主義の存在を許さない、本当の意味での「国民主権」の時代になるのです。そうなった時、ほとんどの大企業(多国籍企業)の経営者は追放されるか、社会の主導権を失うでしょう。

 その時、元経団連の会長といえども大変みじめな立場に放置されるのが分からないのでしょうか。もうそういう時代は目の前に来ているのです。

|

« 菅内閣、支持率低下に歯止めがかからず! | トップページ | 鳩山前首相、一院制導入のための試案を発表 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38079460

この記事へのトラックバック一覧です: 法人税引き下げでも雇用や設備投資は約束できない=経団連会長:

« 菅内閣、支持率低下に歯止めがかからず! | トップページ | 鳩山前首相、一院制導入のための試案を発表 »