« CIA VS 田中派のジハードが始まった | トップページ | 閣僚が国会で虚偽答弁しても構わない? »

ウィキリークスを巡る攻防

 このウィキリークスを巡る攻防は意外な展開を見せています。各国の政府機関や大銀行、軍事機関が大慌てをしています。

 果たして、ウィキリークスは庶民の味方なのか。まだ何とも言えません。しかし、少なくともアメリカは正直対応に苦慮しています。

 また、ウォール街を中心に大銀行も困惑しています。ですが、諸悪の根源は国際金融財閥であり、中心はFRBです。この一民間金融機関に過ぎないアメリカの中央銀行まがいの金融機関は、1913年に設立されてから、世界中で戦争と金融危機を画策し、世界中から富という富をかっさらってきました。

 そういう意味で今日の世界の諸悪の根源は大銀行と中央銀行のタッグにあったのです。アメリカ第三代大統領トーマス・ジェファーソンは、「中央銀行が出来ると国民は貧乏になる」と言い切りました。その言葉はいま最も切実に響いて来ます。

 ウィキリークスはそういう意味で庶民の味方であり、ひょっとすると世界をひっくり返すのはウィキリークスと、背後に存在するその協力グループかも知れません。

 いま、世界中でウィキリークスを巡って虚々実々の攻防が繰り広げられています。我々は、その成り行きを固唾を飲んで見守っているところです。

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/12/post_3cb1.html

|

« CIA VS 田中派のジハードが始まった | トップページ | 閣僚が国会で虚偽答弁しても構わない? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。こんな話も出ているみたいですね。合法的にインターネットを管理する様な怖いですね

http://kaleido11.blog111.fc2.com/?m&cr=bcdad22d0bdb479e7bf0caa26c3ed15e

投稿: 倭 | 2010年12月10日 (金) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38031350

この記事へのトラックバック一覧です: ウィキリークスを巡る攻防:

« CIA VS 田中派のジハードが始まった | トップページ | 閣僚が国会で虚偽答弁しても構わない? »