« 企業は減税、庶民は増税! | トップページ | 誠意通じず、出口見えない普天間問題? »

国民新党が政権の関与に拘る訳

http://news.livedoor.com/article/detail/5214188/

 私も国民新党がなぜ連立政権に止まっているのか、不審に思わない事はありませんでした。しかし、長い目で見れば、政権にいた方がより自らの政策実現に近づくことは確かです。ただし、支持者にはその事を断っておかなくては意味がありません。

 郵貯・簡保の340兆円という資産はだてではありません。こうなれば、国民新党に何としても守って貰わなくては意味がありません。小沢氏が政権交代を成し遂げて、いま民主党を去る訳には行かない、という思いと同じです。

 我々は、今の民主党政権と、政権交代を成功させた民主党はまったく違うという事を自覚しなければなりません。平野貞夫氏のいう通りです。真実は少なくともインターネットにしか流れません。もちろん、インターネットにはウソ情報も多い事は確かですが…。

|

« 企業は減税、庶民は増税! | トップページ | 誠意通じず、出口見えない普天間問題? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38117686

この記事へのトラックバック一覧です: 国民新党が政権の関与に拘る訳:

« 企業は減税、庶民は増税! | トップページ | 誠意通じず、出口見えない普天間問題? »