« 官房長官、沖縄の基地負担は<甘受>を | トップページ | 増額される思いやり予算 »

誰も勝者が居ない選挙

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/3145981.html

 これは、ある意味で正しい指摘です。誰も勝者が居ないという事は、茨城県のみならず、来るべき統一地方選挙、またひょっとしたら衆議院選挙にも言える事です。

 日本はいま、大きな曲がり角に差し掛かっています。こういう時に新しい政治勢力の台頭が望まれるのですが、今の古い古い選挙制度では、それは到底望めません。

 こういう時こそ、まったく新しいパラダイムの元に、まったく新しい政治勢力の台頭を促す制度なり、システム作りが必要なのです。それは一種の明治維新の時のような革命的思想が必要です。

 それは、あたかも、かつて1980年代にマリリン・ファーガソンという社会学者が唱えた「アクエリアン革命」そのものなのです。

|

« 官房長官、沖縄の基地負担は<甘受>を | トップページ | 増額される思いやり予算 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38071025

この記事へのトラックバック一覧です: 誰も勝者が居ない選挙:

« 官房長官、沖縄の基地負担は<甘受>を | トップページ | 増額される思いやり予算 »