« 朝鮮再戦争の瀬戸際 | トップページ | 中国、寒波と大雪で暖房用の石炭やか火力発電用の燃料が不足 »

検察審査会事務局が質問に対して虚偽の報告

http://alcyone.seesaa.net/article/174533049.html

 検察審査会事務局が質問に対して虚偽の報告とは、いかにも胡散臭い話です。そもそも検察審査会については胡散臭い話が山ほどあります。森ゆう子参議院議員が調査していますが、まともに質問に答えていません。事務局は確か最高裁管轄の筈です。もともと小沢氏は強制起訴されたという検察審査会の議決が存在するのかどうかという疑問もあります。審査したメンバーの平均年齢が三度も訂正されるという不可思議なあり得ない話もあり、検察審査会そのものが問題のある制度です。

 ここの信頼性が揺るぎますと、裁判の起訴が成り立たなくなります。いま、民主党政権は何としても小沢氏を政倫審へ引き摺り出そうとしていますが、検察審査会の起訴相当議決もかなり胡散臭いものです。これらがその一角でも崩れると、小沢氏の政倫審への出席強要や検察審査会の強制起訴そのものに疑問を投げかける事になります。日本の司法制度は相当に制度疲労を起こしています。我々はその事を認識し、マスゴミの報道姿勢に詐欺的要素がある事を、国民一人一人に訴えるべきです。

|

« 朝鮮再戦争の瀬戸際 | トップページ | 中国、寒波と大雪で暖房用の石炭やか火力発電用の燃料が不足 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/38175603

この記事へのトラックバック一覧です: 検察審査会事務局が質問に対して虚偽の報告:

« 朝鮮再戦争の瀬戸際 | トップページ | 中国、寒波と大雪で暖房用の石炭やか火力発電用の燃料が不足 »