« 自衛隊がジブチに恒久軍事基地を建設中! | トップページ | インフルエンザワクチン接種後死亡! »

政治家の無神経と国会議員の月給泥棒について

 今日は、余りにも酷い政治家の無神経ぶりと、特に国会議員の高給を食む月給泥棒ぶりについて、少し辛口に書きます。

 最近、柳田法務大臣の国会や内閣の大臣職をないがしろにした発言が問題になっています。一体、国会議員はいくらの報酬を受け取り、特に大臣職はどれほどの月給を貰っているのか。

 その割には、あの発言にあるような無責任な内容の答弁をして、それで事足れりとする事が可能なら、大臣や国会議員は必要ありません。いま、国民がどれほどの苦労をして日々働いてその日の暮らしを支えているのか。この人たちは考えて見た事があるのでしょうか。バカにするのも程があります。

 少なくとも、国会議員は選ばれてその職に就いている筈です。そして、特別な報酬と権限を与えられていて、国民に奉仕をしている筈です。そんな誰でもできるような仕事になら、特に選挙で選ばれた人物を職に就けるに及びません。

 国会議員は、一人の議員を支えるために一体幾らの費用が掛っているのか分かっているのでしょうか。極端な事を言えば、キャリアと呼ばれる国家公務員のほとんどは、彼ら国会議員によって使われているといっても過言ではありません。

 国会では守衛から議員秘書までほとんどが国の費用で賄われ、その他に必要経費はすべてが国庫から支出されています。その他に、政党には政党助成金なるものが支出され、至れり尽くせりの感があります。そこまでして国が議員の面倒を見ているのは、政治を行う者には途轍もない費用が掛り、とても普通の生活者では追いつかないと見ているからです。

 それなら、普通の人では出来ない仕事をしているかと言うと、柳田議員の発言を借りれば、とても普通の人では出来ない仕事とは到底言えず、却ってこんな楽な仕事はない、と言わんばかりです。その上、法務大臣ともなれば特別な権限が与えられています。国会開会中は例え犯罪を犯しても逮捕されないという「不逮捕特権」は言うまでもなく、指揮権という国会議員に対する特別な権限、警察や検察を取り纏める司法のトップとしての権限もあります、また、死刑が確定した犯罪者の刑を執行するという、重大犯罪を犯した人間とはいえ人命を奪う権限さえあるのです。

 こんな事が、まったく法務行政に携わった事のないズブの素人に、たとえ国会議員といえども就任させた内閣総理大臣にも、大きな責任があると言わなければなりません。

 国会議員なら誰でも法務大臣になれるかもしれませんが、そこは餅は餅屋に任せろ、と言われる通り、専門の知識と責任感を持った、法務大臣に相応しい人材を充てるのが普通の感覚というものでしょう。それを、誰でも良いからと言って指名した総理も総理で、受けた方も受けた方です。

 まったく空いた口が塞がりません。少なくとも以前の政治家であれば、こんな人物は法務大臣にだけは指名しなかった筈です。

 これだけに止まりません。民主党の中にさえ、あれでは大臣失格だといって、更迭を求める向きもあるようです。

 これで、大枚の国費を給料として受け取り、法務大臣としての権限を持って回るなら日本という国はお先真っ暗闇です。なにせ、法務大臣はその名の通り、その国の法務を司るからです。こんな内閣は直ちに総辞職させるか、国会を解散して選挙をやり直すべきです。そのために、選挙があり、内閣に解散が認められているのです。

 また、閣僚や国会議員全体に言える事ですが、一体この国の閣僚や国会議員はどんな仕事をして、何の役に立っているのでしょうか。やたら高給を食み、権力を振り回すだけなら、そんな議員は一人として必要ありません。それで国が機能しないというなら、何のために国家公務員がいるのでしょうか。まさに、国そのものの成り立ちやシステムを考え直さなくてはならない大問題です。

|

« 自衛隊がジブチに恒久軍事基地を建設中! | トップページ | インフルエンザワクチン接種後死亡! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37741480

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の無神経と国会議員の月給泥棒について:

« 自衛隊がジブチに恒久軍事基地を建設中! | トップページ | インフルエンザワクチン接種後死亡! »