« この冬に政治は変わるか | トップページ | 金沢市長選で民主・自民相乗り候補を破り新人当選! »

日本の危機

 日本はいま大変な危機を迎えています。戦後60数年を経て、奇跡的な経済成長を実現して、日本は世界でも最も能力のある国の一つだと油断していた所に問題があるのではないでしょうか。

 今日あるサイトを読んでいたら、日本の先端的な液晶生産工場が極端な設備過剰状態に陥る可能性があり、日本のモノ作りに赤信号が灯るかも知れないと警告を発していました。それと同時に、増え続ける社会保障費や新規雇用の減少により、日本の経済状況は今後泥沼に落ち込む可能性があると指摘していました。

 この背景には何があるのでしょうか。

 現在の日本政府は極端に政策実現能力が落ち、もはや日本人のやる気と意欲を失わせています。それは、アメリカ追随こそ戦後の日本を培ってきた原動力である、という神話がここに来てアメリカの凋落とともに色が褪せ、アメリカに追随していたのでは日本の経済や社会も同じ運命になるという、長期見通しに欠けていると言わざるを得ません。

 この反面、韓国や中国などは日本に追いつき追い越せという気概が強く、必死で努力を重ねてきた結果、ここに来て技術力もコスト面でも、また品質面でも日本を凌駕する結果になってきたのです。

 日本は自らの持つ人間の資質が、優れているという安心感と自惚れから努力と工夫を怠り、戦後営々と日本を引っ張って来た団塊の世代の引退と相まって、急速にその成長の勢いが衰えてきたのです。

 人間の持つ資質に民族間の差異がそれほどあるはずはありません。もともと人間は誰でも優れた能力を持って生まれて来ていますが、それは普段努力して磨いてこそ発揮できる能力なのです。いま、日本人の世代交代が進むにつれて、その努力を積み重ねて来たものが失われつつあります。

 日本は、大方の予測ではこれからも安泰であるかのような気持ちを多くの国民が持っていますが、もうそんな時代は来ません。これからの日本は戦後世代の引退とともに凋落の一途を辿り、アジアの、いや世界の貧困国の仲間入りを覚悟なければならなくなるでしょう。

 今の日本の政治家、財界人、マスコミ等を見ているとその感が強くします。落ち始めたらあっという間です。ちょうど日本が戦後の荒廃期に高度成長を遂げて、奇跡的な発展を遂げた事の、ウラ返しの現象が起きているような気がしてなりません。

 ただ、日本には世界に誇るべき憲法があります。それは第9条の戦争放棄の条項です。この条項はいまだ世界のどの国も保有していません。これこそ日本の経済発展をもたらし、日本を経済的に豊かになさしめた原動力でありました。もちろん、異論はあるでしょう。しかし、どんな異論も日本が酷い敗戦国でありながら、見事に立ち直り、世界の経済大国として発展してきた原動力はこの戦争放棄憲法にある事に異論を差し挟む余地はありません。

 それを、いま下らない政治力で改変し、戦争可能な国にして、アメリカとともに集団自衛権などという屁理屈を付けて、更には憲法を変えてまで戦おうとしています。これがいかに危険でムダな事であるか、多くの人々は考えていません。日本の奇跡的な戦後復興はあたかも日本人の優れた能力にある、と過信し誤解して油断して来たのです。

 残念ながらもうそういう時代は終わりました。後は日本の凋落が待っているだけです。

 いま、日本を覆っているのは平和ボケした危機感のなさと、努力を放棄したただの怠け心を持った平均以下の人間だけです。戦後の団塊の世代は、いま希望を失っているか、働き疲れて平平凡凡に過ごす事しか考えていません。

 これを日本の危機と言わずして何と表現したらいいのでしょうか。

 もう一度言います。元々人間の能力に差異はそれほど無く、努力を怠れば即座に衰え、凋落の危機に陥るのです。それが、戦後日本が奇跡的な復興により元々日本民族は優れているという誤解を生み、優れた民族である、などという奢り、を生んだのです。

 昔の平家物語には、「奢るもの久しからず」という戒めの言葉があるのはどなたもご存知の筈です。今こそこの言葉の持つ重みを思い返すべきです。

 日本は、まだそれでも救いが残されています。それは、歴史上どこの国も保有した事のない平和憲法があるからです。「平和」こそ全宇宙で生き残る最後のキーワードなのです。車や家電製品をつくって世界に売りまくり、それが日本の生きる道だ、と誤解しているようではこの先の「黄金時代」の到来には生き残って行けません。日本人の生き残れる道は、人間に必要な、日本人しか作れない正しい食料の生産なのです。これから、正しい食料の生産こそ人類を救う事になる時代が到来するのです。

 これからの世界は、戦争のない『黄金時代』の到来が期待されます。その時、「戦争放棄=憲法第9条」が生きてくるのです。この憲法こそが日本を戦後奇蹟の復興を遂げさせ、日本を豊かにして来た原動力なのです。

 日本人には世界の食糧生産という最も重要な役割が残されているのです。

|

« この冬に政治は変わるか | トップページ | 金沢市長選で民主・自民相乗り候補を破り新人当選! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本の輸出産業の凋落の原因は、円高とそれに伴う人件費の高騰です。
今好調な韓国、中国も同じ道を歩むでしょう。
もっと大きな視点から見ると、世界的な供給過剰です。
日本がバブルをむかえたのは、供給過剰だと考えます。もはや、世界は欲しいものがないのではないでしょうか。自動車やパソコン、テレビ等の電化製品は普及し、寿命がきても安い物を欲しがる傾向にあります。日本ではデフレでもあり、世界的には、安い中国製のものが求められています。
欧州は最初に植民地政策でぼろもうけをし、今は、過去の遺産で食いつないでいる有り様です。PIGS諸国等の経済危機はそれを物語っていると言えるのではないでしょうか。次のアメリカも製造業が廃れ最後の産業の金融でヨーロッパと共に失敗しました。今は、軍需産業しか生き残る術が無いのではないでしょうか。
軍需産業のアメリカと先の見えない中国やロシアが戦争を起こしたがっているのではないでしょうか。
以上は私の素人なりの考察です。

投稿: | 2010年11月28日 (日) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37876294

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の危機:

« この冬に政治は変わるか | トップページ | 金沢市長選で民主・自民相乗り候補を破り新人当選! »