« ヨーロッパで過激化する学生デモ | トップページ | 在韓フィリピン人5万人日本に緊急避難も »

菅内閣、解散か総辞職か=12月政変説!

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101126/plt1011261629004-n1.htm

 ここに来て急に政局が慌ただしくなりました。この情報はあくまでもマスメディアに出ているものであり、その分、ある程度の割引をして受け止める必要があります。

 いま、民主党内が分裂傾向にあるのは誰が見ても同じです。そうでなければ菅内閣の支持率の急減は説明が付きません。まさに菅民主党内閣は末期的症状です。

 ただ、私は別な見方をしています。それはこの動きが世界の諸情勢と連動している、という見方です。いま、ヨーロッパは学生等の学費値上げに伴う反政府運動でデモが頻発しています。それと同時に、ユーロ圏を中心とした金融危機が起きています。

 アメリカも平穏ではありません。不良債権が表に出ている額よりも桁違いに大きく、また国民の多くが経済的に困窮を来しているのに、金融村のみが潤うというアンバランス=格差拡大が問題になっており、ウラにはオバマ大統領の指導力を疑問視する勢力の台頭も見られます。北朝鮮と韓国の武力衝突は言うまでもありません。

 それに加えて、菅内閣の危機管理も杜撰で、経験のなさを露呈しています。菅内閣は、総辞職よりも一挙に解散に打って出て、選挙後、自民党との大連立を組み、懸案の消費税増税や、一挙に憲法改正を目論むかも知れません。みすみす党が分裂して政権を失うよりは、一挙両得を目指すかも知れないのです。

 ただ、菅氏にそれだけの度胸と情勢分析の目があるかどうかです。どうせ、菅民主党内閣は、ギリギリの瀬戸際に立たされているのは間違いありません。そして、この動きは全世界の動きとシンクロしているのです。

|

« ヨーロッパで過激化する学生デモ | トップページ | 在韓フィリピン人5万人日本に緊急避難も »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37853435

この記事へのトラックバック一覧です: 菅内閣、解散か総辞職か=12月政変説!:

« ヨーロッパで過激化する学生デモ | トップページ | 在韓フィリピン人5万人日本に緊急避難も »