« 海上保安庁、新たな流出ビデオ | トップページ | 駐ロ大使召還問題 »

対中国への警戒(抗議デモ)

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/3081090.html

 このデモ行進は、小池百合子元防衛大臣や元航空幕僚長の田母神俊雄氏などが参加したと伝えられています。どうも尖閣諸島の漁船衝突事件は海保内部からの情報漏えいらしいですが、ひょっとしたらこういうところに落とし所があったのかも知れません。

 しかし、こういう風に隣接国家との闘争を煽るのは好ましい事ではありません。もっと冷静に対応すべきです。

 このデモの模様は別の有力ブログでも掲載されており、4000人から4500人が参加したと伝えられています。いずれにしても、日本は菅内閣の優柔不断が逆効果を生み、ますます危険な風潮が強くなってきている、と危惧しているのは私一人ではありますまい。

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/4db84bc4fee4da71f04763b2487cd189

|

« 海上保安庁、新たな流出ビデオ | トップページ | 駐ロ大使召還問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

転送記事です。

> 以下、石原都知事も言及していた、流出動画以上のことがまだ隠されているという信憑性のある情報。
> これが公開されれば、今の政権は瓦解せざるを得ないとのこと。
>
> ≪殉職した両名の名誉のために言っておく。
> 彼らは両名ともに入庁8年のベテランである。
> 今案件の事案は国際的にも 、大変な悪影響を及ぼすことは十分承知していたはず。しかしながら内閣は隠蔽を指示。
> 命をはって領海を警邏する海保にとってこれほどの屈辱はない。
> 彼らは果敢にも相手船に乗り込み、憲法9条に縛られて抵抗できぬまま 相手の鉄パイプにより海原に落とされた。
> そのあと、中国漁船のスクリューで一名は即死、もう一名は助け上がられるも11/4深夜、帰らぬ人となった.≫
>
> 以下は、惠隆之介さんが関西のTV番組で以上の情報を事実として掴んでいることを示唆しながら、沖縄の現状を話してる動画。
>
> 石垣島、宮古島は、臨戦態勢になってきているが、沖縄本土は沖縄独立説もでてきて、ずれている。
> 中国は、沖縄本土をとれば、石垣宮古は、おまけでついてくると考え、本土に深く入り込んでいるそうです。
>
> 動画16分から29分に惠さん登場↓惠さんの話を聞くと、真実は何か感じられます。
>
> http://say-move.org/comeplay.php?comeid=103379

投稿: f | 2010年11月 9日 (火) 00時20分

我々日本人はどこまで我慢しなければならないのか?今回の尖閣問題は、中国側に非があるのに、日本政府の対応に苛立つ国民も多いと思う。
また、韓国、ロシアとの領土問題も解決の目処はたっていません。
日本人は意見をもっと言うべきだと思います。
それが本来の民主主義ではないでしょうか。

投稿: | 2010年11月 7日 (日) 10時59分

「チャンネル桜」で月曜日にデモの様子が放映されるでしょう。

投稿:  ゆうじ | 2010年11月 7日 (日) 03時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/37560722

この記事へのトラックバック一覧です: 対中国への警戒(抗議デモ):

« 海上保安庁、新たな流出ビデオ | トップページ | 駐ロ大使召還問題 »